FC2ブログ
03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

第4回 金春流能楽師中村昌弘の会 

二人静チラシ表二人静チラシ裏
私の主催演能会「第4回金春流能楽師中村昌弘の会」を6月15日13時30分より国立能楽堂にて開催させていただきます。
今回は師・髙橋忍先生と「二人静」をさせていただきます。
2人がピタリと息を合わせて物語を紡ぐ難曲です。
40歳を迎えた第4回、新たな「始」として、師とご一緒に舞わせていただくことで、改めて自分の芸を見つめ直してみたいと思います。

また地謡1人による立合仕舞は、観世流武田宗典師、地謡に武田文志師をお迎えし、鏡をテーマとした「野守」「昭君」を致します。
私の仕舞の地謡は山井綱雄師にお願いしました。
舞、謡ともに能楽堂に漲る緊張感を感じていただければと思います。

お狂言は、実は同じ幼稚園出身である善竹富太郎師、大二郎師ご兄弟にお願いしました。
息の合った舞台をお楽しみください。

また、分かりやすい解説でいつもご好評の金子直樹先生にお話しいただきます。
初めての方も安心してお楽しみいただけます。

そのほかにも趣向を凝らしました。
○言葉がわからないというお声に応え、座席に設置されている字幕表示機が使用可能に
○「二人静」にちなんだ和菓子をロビーで限定販売
○チラシイラストの原画をロビーに展示
○中学生以下は無料(B席のみ・要申込)
○当日パンフは宗典師との対談を掲載予定
○終演後食堂で懇親会(切符送付時にご案内)
○「二人静」の白く雪の降り積もった景色をお席からも体験していただき、お客さまも舞台に参加していただくべく、白い服(スカーフなども可)を着てご来場いただいた方に特製ポストカードをプレゼント
多分最後の1つについては、こんなことやろうとした能楽師は誰もいないだろうと思います(笑)

なお、冒頭長男に「邯鄲」の仕舞をさせます。
親バカですが、昨年12月にインフルエンザで欠勤してしまったためリベンジマッチです。
初めての方も、たくさん能をご覧になっている方にも楽しんでいただける舞台になるよう、万全の準備をして参ります!

切符は3月3日10時よりの販売です。
(左上のお申し込みフォームは3月4日よりご利用できます)
S席:7000円
A席:6000円
B席:5000円
自由席:3000円
(25歳以下の方は各席1000円引・当日年齢の確認できるものをお持ちください)

ご来場をお待ちしております!!
スポンサーサイト

[edit]

2019年 謹賀新年  出演予定 

あけましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

40代になり、この世界でももう若手とは言っていられない年代です。
新たなことに取り組みながらも、自分の芸風を確立していく時期に差し掛かってきているかと思います。
また長男が式能で「生田」の子方という大役をいただいているので、まずここまでが大きなヤマです。
私は6月の先生との「二人静」がある部分ここまでの総決算、秋には「経政」、そしてもう一番情報解禁が間もなくになるのがあります。

そうそう、40になって体重が落ちにくくなってきたんですよね。
今までは割と体を動かす仕事だからと、食事はそんなにセーブしていなかったのですが、久しぶりに履いたジーンズが軒並みきつい状態に…。
節制を心がけること、運動量を増やすことを今年の目標にしたいと思います。


【2019年出演予定】

6月15日(土) 13時30分 能「二人静」菜摘女
第4回金春流能楽師中村昌弘の会 於:国立能楽堂
他、仕舞「野守」、千紘仕舞「邯鄲」
※事前講座 6月14日14時エコルマホール

11月10日(日) 12時30分 能「経政」
金春会定期能 於:国立能楽堂
※事前講座 10月31日14時エコルマホール(予定)

○その他お役
1月26日(土) 12時30分 仕舞「東北」キリ
円満井会定例能 於:矢来能楽堂

2月17日(日) 10時 「生田」子方(千紘)
式能第一部 於:国立能楽堂

4月7日(日) 12時30分 「是界」ツレ
金春会定期能 於:国立能楽堂

7月31日(水) 19時 半能「船弁慶」子方(千紘)
エッセンス能 於:国立能楽堂

9月29日(日) 10時頃予定
万葉会(社中発表会) 於:国立能楽堂

○講座・イベント
1月12日(土) 14時
狛江市民大学 於:狛江市・中央公民館
https://www.city.komae.tokyo.jp/index.cfm/47,96963,561,3321,html

1月28日、2月4日、18日 19時
狛江能楽普及会・能楽❛普及人❜になる講座
能楽公演プロデューサー養成講座

2月11日(祝) 14時
泉の森会館チャリティイベント 於:狛江市・泉の森会館
https://komaekubo1234.kokosil.net/ja/place/00001f000000000000020000003f0325

[edit]

2018年を振り返って 

まもなく2018年も終わろうとしていますが、例年にも増して年の瀬感がありません。
ギリギリまで慌ただしい1年でした。
年賀状の作成も最遅記録になってしまいました…。

今年は3月までがまずひとつ大きなヤマでした。
2月のエコルマオープンハウス、3月の自分の会。
ここまでは本当に息つく間もありませんでした。
能のシテとしては6月円満井会定例能、10月の金春会定期能(この近辺も大変でした…)もあり、3番と半能1番です。
その他に水戯庵でもショートバージョンながら半能や仕舞、ツレも6回ほどお役をいただきました。

今年は長男のお役が多かったというのもありました。
3月の「望月」、6月の「自然居士」、9月の「嵐山」。
「望月」は羯鼓、「嵐山」は天女ノ舞と囃子事があり、特に後者は国立の周年記念の大きな会で、こちらも大きなプレッシャーでした。
そして12月は「邯鄲」、だったのですが…。
できることはすべてやって迎えたはずの当日にまさかのインフルエンザという事態となってしまいました。
先生の記念すべき日にどうお詫びしてもお詫びしきれません…(スクランブル登板してくださった林美佐さんには本当に感謝です)。

その先生の会“士乃武能”では私も、素謡「翁」の千歳や仕舞の地頭など、身に余る大役をいただきました。
本当に毎日忙しく動き回っておられる中、あの舞台を成し遂げられ、大きな大きな背中を見せていただいた気がします。
本当におめでとうございます。

そして流儀としても大きな節目を迎えました。
昨年宗家継承された金春憲和先生の継承披露パーティー、披露能があり、本格的に81世として始動されました。
流儀として少しずつですが新しい事業等が動き始めていて、私も微力ながら尽力して参りたいと思います。
来年以降の活動に是非ご期待ください。

仕事以外では4年間在籍した狛江青年会議所を今日(40歳を迎える年の12月末日)を以て卒業となります。
この時間軸だけ他とずれているように錯覚するほど本当に濃密な日々でした。
能楽師では絶対に関わることのなかったであろうことに、仲間とともに必死になって取り組めたことは何にも替え難い経験となりました。
この経験を生かすも殺すもこれからの自分次第です。
来年も外部監事として少ーしだけ関わらせていただきますが、これまで割いていた時間を、ここで得た新たな視野をもとに、斬新な取り組みをしていきたいと思います。

本年も有り難うございました。
来年も宜しくお願い致します。


【2018年の主な出演舞台】
1月27日 円満井会 「初雪」ツレ
1月30日 麻生市民館公開講座
2月11日 エコルマオープンハウス 半能「是界」ほか
2月14日 狛江能楽普及会講座
3月3日 中村昌弘の会 仕舞「藤戸」、能「望月」
3月25日 川崎能楽堂公演 「舎利」ツレ
3月31日 むいから能楽鑑賞会 舞囃子「八島」「天鼓」
4月14日 円満井会定例能 仕舞「雲雀山」
5月25日 大宮薪能 「土蜘」胡蝶
6月30日 円満井会「熊坂」
7月11日 4流儀講座「高砂」
10月6、7日 鎌倉薪能 半能「石橋」ツレ
10月7日 金春会「吉野静」
10月31日 大阪金春会「清経」ツレ
11月11日 金春会「俊寛」成経
12月23日 狛江能楽教室発表会 舞囃子「巻絹」
12月24日 水戯庵 半能「敦盛」

千紘
3月3日 中村昌弘の会 「望月」子方
6月24日 轍の会 「自然居士」子方(シテ櫻間金記師)
9月15日 国立能楽堂開場35周年記念公演 「嵐山白頭」子方・勝手(シテ金春安明師)

[edit]

士乃武能 

先生の第1回目の会、士乃武能が昨日開催されました。
大きな国立がほぼ満員という盛況で、始めの素謡から先生の気合がヒシヒシと伝わってきました。
私も千歳(金春流では能の場合、この役は狂言方になるため素謡でしか謡う機会がありません)、仕舞の地頭という初めてのお役をいただき、この1週間ずーっと謡い込んでの舞台でした。
本当に貴重な機会をいただき有り難うございました。

長男も子方のお役をいただいていたのですが、朝起きたときに39.5度の熱があり、先生とご相談の上、子方の装束が着られることを考え、急遽林美佐さんにお電話し(朝7時半、開演5時間半前)代役をお願いしました。
大人で金風折烏帽子を直面(能面をかけないで素顔のまま演じること)なのは、役柄としてまずないのですが、ご年齢よりお若く見えることもあって違和感がありませんでした。
常日頃自分のお役が無くても申し合わせ(リハーサル)に勉強のために必ず来るという、そういう姿勢が、こうした急場であっても何事もないかのように舞台をやり遂げられたのだと思います。
本当に感謝です。

長男は結局インフルエンザA型で、少しずつ熱が下がってきていますが、9月の嵐山以降ずっと稽古を続けてきたので、相当にがっかりしているようです。
親としてはなんとかしてあげたいと思い、来年6月15日の私の会で、この邯鄲の仕舞をさせることにしました。
しかしまずは2月の式能で生田の子方という代役があります。
シテはやはり先生ということもあり、ここでまずしっかりリベンジマッチをさせたいと思います。

先生には初めての会というただでさえ大変ななか、朝からご心労をお掛けしてしまい申し訳ない限りでした。
しかしそうしたことをものともなさらず、盧生青年を演じ切られたその背中から、改めて多くのことを教えていただいた気がします。

先生の会は各年度の開催を予定されています。
また第2回も宜しくお願い申し上げます。

[edit]

10月7日 金春会定期能「吉野静」 【詞章・見どころガイドあり】 

来たる10月7日(日)、国立能楽堂12時半開演の金春会定期能にて「吉野静」のシテをさせていただきます。

~あらすじ~
兄頼朝との不仲となった義経は、都を逃れ吉野山に身を隠す。
ところが吉野の宗徒は頼朝につき、義経は追われる身となってしまう。
佐藤忠信はしんがりを命じられ吉野に留まっていたところ、山中で義経を慕って追いかけてきた静御前と出会う。
二人は義経が安全に山から落ち行けるよう策を案じ、それぞれ準備に取り掛かる。
忠信は都からの参詣者を装い、頼朝義経は仲直りし、吉野は義経が治めることとなったと触れ回り、静は勝手明神に舞を奉納する態で衆徒を魅了し、なお義経を追おうとする者を足止めした。
忠信であることが露見してしまえば絶命必至の危険な賭けであったが、見事に策がはまり、無事に義経は山を落ちることができたのであった。

この曲自体上演機会が少ないのですが、前半はカットされてしまう流儀もあり、忠信と静の出会いと策略をめぐらす場面からの上演は非常に稀です。
私は静御前役をさせていただきますが、来年6月15日に予定している自主公演での「二人静」と合わせてご覧いただければ幸いです。

当日は他に秋の名曲「小督」を流儀の中堅山中一馬師が、正に命を懸けた母の愛を描く大曲「海人」を小書(特殊演出)付きで流儀の重鎮本田光洋師がされます。
なお狂言は和泉流三宅家の皆さまです。

全席自由席で一般5000円、25歳以下優待券2500円となります。
「吉野静」は14時頃上演予定です(途中入退場可)。
切符をご希望の方はサイト左上のフォームまたはコメント欄よりお申し込みください。

詞章とお手製見どころガイドを掲載しておきますので、宜しければご参考になさってください。
吉野静-1吉野静-2
ヨ 吉野静詞章-1ヨ 吉野静詞章-2ヨ 吉野静詞章-3

ご来場をお待ちしております!!

[edit]

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。