09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

女子大能楽講座の感想 

4月にとある女子大に伺って、90分×2日の講座をしてきました。
もうかれこれ10年近くさせていただいているのですが、今回は担当の先生にお願いして、レポートを「どうすれば皆さんが能を観に来たくなるか」というテーマに設定させてもらいました。
そしてそのレポートが今日届きました。

講座は初日は座学中心でが能の歴史、「葵上」を流しながら能の流れの解説、囃子の説明。2日目が謡と所作の体験、小道具作り、能面・能装束の解説と着付け体験一部、仕舞実演、という流れでした。
年度の頭の講義ということでカタくなってないかなぁと心配したのですが、皆さんとてもノリがよくてやりやすかったですし、約30人という人数もちょうどよかったと思います。

さてレポートですが、皆さん非常に熱心に書いてくれました。
どうしてもこのテのものは、やった内容をなぞって面白かったとか興味深かったとありきたりのものになりがちですが、今回はまったくそういうことがなくいろいろと考えてくれました。

ほぼ共通していえることは、能に対する知識がないから縁遠く感じてしまうということ。
まず、言葉が難しくて理解できないだろうという感覚があるとのこと。
今回の学生さんは歴史文学や日本文学専攻なので、僕よりも知識があると思いますが、その彼女たちを以っても、です。
残念ながらこの感覚は非常に正しいと思います。
ただでさえ修辞や引用の多い古語の上、独特の節回しのついた謡は一回聴いて意味を理解するのはまず無理だと思います。
それが証拠に(と胸を張っては言えませんが)、金春流にない曲目をいきなり聞いたら僕もちんぷんかんぷんです(ここだけの話、某人間国宝の先生も同じようなことをおっしゃったとかそうでないとか)。
その対策として、現代語訳やみどころをまとめた冊子などが事前にあればという意見が多数ありました。
(→これに関しては毎回僕は詞章とガイドを作成しています)

最近〝スーパー能〟として現代語で演じられるという試みもなされました。
わかりやすくなるという利点がある一方、古文がもつ非日常的な響きや独特のリズムというものもあり、今後しっかりと練ってこうしたジャンルを確立していく必要もあると思います。

また若者が興味を引くものとして漫画やアニメといった要素も必要なようです。
能楽漫画「花よりも花の如く」や、数年前に作られた新作能「紅天女」のことも書かれていました。
そして授業の中で触れた、これも数年前に先輩が行った、能舞エヴァンゲリオンなどは是非観たいという意見が何人もありました。
そのほかに映画との組み合わせや、歌舞伎みたいにクドカンに書いてもらった新作能なんてのはどうかという意見もありました。
そしてもっとメディアの露出を増やして親しみを持ってもらうべきともありました。

全体として一番多かったのは、今回のような体験を含めた講座をもっとやるべき、それも幼稚園から中学生くらいを対象に出張講座をしていくのが最も効果的ではないかということでした。
結局のところ話題性のあることをやるのも大事ですが、一方で地道な努力をコツコツとやっていくことが絶対に必要、ということでした。

なにはともあれ、おかげさまで今回の講座はおおむね好評であったようです。
なかには「中村先生の授業はユニークで、今回の講義で分かったと思うのですが、女性ウケが良いので…」という今までにないお褒めのことばをいただきました!
7月に別の女子大でやはり2日間、それも今度は1日6時間!の講座もあるので、ちょっと自信持って臨めます(笑)
あ、くれぐれも鼻の下を伸ばさないようにしなきゃ…。


いずれにせよ、講座をやりたくてもなかなかその機会が少ないというのが現実です。
狛江能楽普及会の自主講座や、各種学校での講座、そして売り込みもやっていきたいと思いますが、いかんせん僕個人の力では限界があります。
うちの学校でやってほしい、うちの組織でやってほしいというご要望がございましたら、是非是非お声掛けください!
日本全国、いや世界どこでも参ります!!
スポンサーサイト

カテゴリ: 考えごと(能楽)

テーマ: 能楽 - ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« 能と現代劇とのコラボレーション・ドラマ 恋むらさき  |  講座や子供教室体験講座 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/1017-3f03057b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。