06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

伊勢神宮奉納五星会 

この土日、伊勢神宮に奉納に行ってきました。
各社中のお弟子さん方による連吟などが中心ですが、男性職分全員での連吟や大先生の仕舞もありました。

私のお弟子さんも11名参加し、「舟弁慶」の後半を無本で(謡本を見ずに)謡ってきました。
来月、国立能楽堂での発表会があるので今回参加は無理かな…と思っていたのですが、お弟子さん方にお話ししたところ行きたいという方が何名も。
新百合ヶ丘のお稽古場で今年の夏から始められた方も、4名参加され、初舞台となりました。

台風の影響が心配されましたが、大先生と先生のお弟子さんも含め17名で無事土曜日に出発。
新幹線の中では、お弟子さんが全員分のお菓子を、きれいな手作りの和紙の袋に入れてご準備下さいました。
お菓子
中には弁慶というお煎餅や、源氏パイ、平家パイと「舟弁慶」ちなんだものも。
お弟子さん同士、初対面の方がいらっしゃる中で、とても打ち解けられました。

途中、松阪で途中下車し、松阪牛のランチ。
むらたさんというお店にお邪魔しましたが、とてもおいしかったです。
荷物が多い中、貸切にして下さってとても助かりました。
お店の詳細は下記。
http://loco.yahoo.co.jp/place/c624a75b0e3d102addd3af675a79754e6f70bd6d/

食後は宿まで自由行動。
男性陣で松阪城址を散策しました。
松阪城
天守のところは開けていてとても心地よかったです。
ちなみに〝まつざか〟ではなく〝まつさか〟だそうです。
地元のかたは〝まっさか〟と読むようです。

鳥羽の宿に着き、早めの夜ご飯。
お酒も入り、誰ともなく「これからお稽古は?」という声が。
「じゃあ、海に向かって謡いましょうか?」と、最初は冗談のつもりが、いつしか「行きましょう!」と。
海辺は携帯のカメラでは写らないくらい暗闇、満天の星空でした。
風吹きすさぶなか、謡本を見ずに謡えるように頑張ってお稽古したささやかなご褒美。
終わってからのみなさんの表情がとても素敵でした。

ちなみに。
翌朝お弟子さんがお風呂に行こうとすると「昨日海のほう歩いてたら、お経みたいなのが聞こえてきたんだけど」という会話が聞こえてきたそうで。
すみません、お騒がせしました…。

いよいよ当日。
鳥羽の朝は美しかったです。
鳥羽の朝焼け

そして初めての伊勢神宮へ。
朝早い時間なのに、すごい人出。
謡にも出てくる五十鈴川などを眺めがら、なるほど神域だなと実感できる景色でした。

舞台の前にお神楽の奉納。
後でお弟子さんから、あの動きはどういう意味ですか?と聞かれましたが、残念ながらわかりませんでした。
でも美しい所作という面で、根っこは同じだなと思います。

そしていよいよ舞台へ。
初めに職分で四海波を奉納。
屋外なので声が飛んでしまうかなと心配していましたが、周りが壁に囲まれているせいか、よく響いて気持ちよく奉納させていただきました。
それから20分ほどして、お弟子さんの出番です。
今回が初舞台という方もいるなか、みなさんよく声が出て、立派な奉納になりました!

舞台が終わってから御垣内参拝へ。
伊勢参拝
真新しい社殿を前に、家元とご一緒に二拝二拍手一拝。
清新な不思議な空気に包まれ、月並みですが身が引き締まるような思いでした。

20年に一度となると、次は55歳。
どんな生活を送っているのでしょうか?

一番最後になり近鉄が遅れ、名古屋駅での新幹線入線とホーム到着が同時という冷汗事件があったものの、皆さんはとても喜んでくださったようで、ツアコンとしてもほっとしています。


気持ち新たに、来月の発表会頑張りましょう!!
スポンサーサイト

カテゴリ: 舞台

テーマ: 能楽 - ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« 念願の保育園公演  |  白金小学校講座 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/1037-a21cfc40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター