08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

姉さん、ジ件です! その3・正体判明! 

とにもかくにも紹介状を書いてもらい(なんだか手間取って30分くらいかかる)、大久保の東京山手メディカルセンター(旧社会保険中央総合病院)へ。
近くなら父がかかっている玉川病院でも肛門科はあるはずだけど、ちょっと遠いな、学閥の問題かと思いながら、受付時間超えながらも紹介ということで、診てもらえることに。
ホッ。
11:15に到着し、診察予定は13:30頃になるとのこと。
案内のおじさんに食事でも取っていてくださいと言われたので、そろそろ痛み止めが切れるので近所の薬局で鎮痛剤を買って服用してもいいですかと聞いたところ、
「ここまで来たんだから、広い椅子で寝ててもいいから耐えたら?」
と素っ気ない返事。
でもこの言葉を守らなくてよかったと後で痛感します。

とにかく時間があり過ぎるのと、院内では喫茶店にしろ食堂にしろ座らないわけにはいかなそうなので、外のコンビニで適当に買って食べ、ロキソニンを購入。
これで処方されたものを合わせ、家には40錠くらいある…。
でも背に腹は代えられない!

病院に戻ってもまだまだ時間はたっぷり。
しばらく立っていましたが、それも辛くなり、とにかくうつ伏せになって寝てました。
14:30でもまだ、15:00でもまだ、15:30になってようやっと中の待合室に呼ばれました。
なんでも今日の担当医師はこちらの副院長先生だそうで、普段よりもかかるのだそうです。

ようやっと呼ばれ、いつものようにお尻をだして待っていると、どうもトラブル発生。
以前診断された患者さんが電話でクレームをつけているようで、看護士さんでは対応しきれず、その先生が対応に当たっておられる様子。
段々辛くなってきて布団を一枚かけてもらいました。
そして待つこと20分程、ようやっと診断。

また触診か…と思いきや、それもそこそこに、
「きょうこれから手術します」
え!?
手術になるということも少し予想はしていましたが、わずか1分くらいの診断での宣言にさすがに驚きました。

あとでわかることになりますが、単なるいぼ痔などではなく、肛門周辺膿瘍のうち、深いところにできる坐骨直腸窩膿瘍というのが僕のかかっている病名でした。
スポンサーサイト

[edit]

« 姉さん、ジ件です!その4・そして手術へ  |  姉さん、ジ件です! その2・正体不明… »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/1066-2c53853d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター