10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

姉さん、ジ件です!その5・入院初日 

ということで、めでたく手術は終わり、もとの病棟へ。
まだ麻酔が効いていて動くこともできず、看護師さんたちが力を合わせてベッドに移してくれます。

これからしばらく、首や頭を動かすことができません。
動かすこと自体は出来るのですが、麻酔の影響で痛くなったり、吐き気を催すのだとか。
ただひたすら、ぼんやーり天井を眺めているだけです。
仕事柄じっとしているのは比較的得意。
は~、ようやっとこの痛みから解放される…と安堵していました。
でもやっぱり2時間は長いですね。。。

その後、遅い夕食。
ただし起き上がってはいけないので、お行儀悪いですが体を横にしていただきます。
右を下にしてしまったため、左手で箸を持つ羽目に。
春雨サラダは難敵でした。。。

とにかく緊急入院だったため、入院道具は何一つなし。
パジャマもレンタル、箸も借りたもの。
何より目が全然見えないのは不便です。

手術が遅かったため、夕食はたぶん21時頃。
6人部屋だったのですが、周りの患者さんも遅くまでガタガタしてたのが迷惑だったようで、
「看護士さん!もうちょっと低い声でしゃべってよ!」
と、はす向かいのおじいさん。
あ~コワ…。
でも看護師さんはむしろカチンと来てたような様子…。

麻酔後の義務として排尿があります。
出ないと麻酔が残ってしまうので、気合で水を飲んで出す、出なければカテーテルという恐怖の事態。
大学時代、刑事訴訟法で麻薬検査のためのカテーテルの是非なんてありましたが、法律構成云々より痛そうというイメージばっかり残ってます。
それをしなきゃいけないとは冷や汗ものです。。。

1リットルくらい飲みましたが、何せ立てないので、何となく尿意があっても出ません。
尿瓶を使うのですが、これも小学生のときぜんそくの点滴を受けていたとき以来です。
あぁ出ないやばい…と焦りながら、やっと尿意が。
ナースコールして無事出たことを報告、ほっ。
ところが、目が見えない状況でやっていたせいかパジャマまで浸水が…。
慌ててもう一度ナースコール。
どうも先程の一件からイライラしてることもあって、かなり手荒。
「足動かさないでくれます!?」
す、すみません…。
結構乱暴にズボンも上げられ、股上が傷口に刺さります。

程なくしてもう一度尿意が。
今度は慎重に。
でもやっぱりほんの少し…。
さすがにもう一度とはとても言えない雰囲気だったので、なんとかして乾かしました(汚い)。

そんなこんなで、慌ただしい一日は終わりを告げました。
スポンサーサイト

[edit]

« 姉さん、ジ件です!その6・退院へ  |  姉さん、ジ件です!その4・そして手術へ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/1068-f233bc7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。