04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

10月18日円満井会定例能 「鵺」 

10月18日(土)12時半より、神楽坂の矢来能楽堂にて円満井会定例能が行われます。
番組は能「富士山」「三輪」「鵺」、狂言「飛越」、仕舞6番で、私は「鵺」のシテを勤めます(「鵺」は16時半頃開演予定)。
番組詳細は円満井会HPをご参照ください。
全席自由で、一般5000円、学生2000円です(途中入退場可)。

[鵺のあらすじ]
熊野参詣をした僧が都に上る途中、芦屋の里に立ち寄る。
宿を借りようとしたが里の掟でよそ者は泊まることができず、夜な夜な怪しい影が現れるという洲崎の御堂で一夜を明かすことにする。果たして怪しげな舟人が現れ言葉を交わすが、どうにも人間らしくない。
舟人は鵺の亡霊であると言い、僧に供養を求め、再び舟に乗り姿を消す。
夜もすがら教を読んでいると、恐ろしい姿をした鵺が現れ、自らの最期を語り、征伐して名を挙げた源頼政の栄光、一方空舟に押し込められて淀川に流された我が身の悲哀を見せ、回向を求めて月とともに消えていった。

ストーリー展開も分かりやすく、動きも多くて飽きない能です。
詞章とお手製観能ガイドも作成しています。

ご希望の方は、コメント欄に「管理者にだけ表示を許可する」をチェックの上ご記入ください。
ご来場、お待ちしております!!
スポンサーサイト

[edit]

« 円満井会定例能「鵺」終わりました  |  サンクチュアリ出版 朝活イベント »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/1082-f4f608f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター