10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

お弟子さんを偲んで 

昨夜遅く一通のメールがきました。
お弟子さんが亡くなられたとのこと。
先日行った道成寺特別講座にも、夜遅い時間でありながら参加され、普段と変わらぬ元気なお姿であったので未だに信じられません。

新百合ヶ丘のお稽古場は先生の代から20年以上続いていますが、長く男性が入会されることはありませんでした。
私が大学生になりお手伝いに伺い始めたとき、初めて入られた男性会員が亡くなられたお弟子さんで、その後何名か男性が入り、2、3年前から急に増えて10名近くになりました。
最近では稽古が終わってから男性陣で一杯飲みに、なんてことも10年前には考えられないことでした。
その端緒となったのがこのお弟子さんで、稽古場の歴史を創ったといっても過言ではありません。

介護のため一度お稽古を離れたのですが、数年前に復帰され、とてもお元気にされていました。
昨年の練成会でも5曲を暗唱され、夕食のときには赤いお顔をされながら、気持ちよさそうにお得意の歌を披露されている姿が今も目に浮かびます。

来月社中会「万葉会」を行うのですが、独吟「俊寛」をされるご予定でした。
難しいクセの部分で間合いや緩急に苦労されていましたが、ここ数回のお稽古でぐっと良くなり、どう仕上がっていくのか楽しみにしていました。
そんななかで…。


せめてものご供養に、万葉会当日は最後に「融」を手向けたいと思います。
ご冥福をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト

[edit]

« 出演予定追加3  |  12月13日 円満井会特別公演 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/1111-d0a6cad6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。