09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

楽屋働キ 

床屋で、
「お疲れですね~」
と店員さん。
カットの最中ずーっと舟漕いでたのでさぞや切りにくいことだったでしょう。。。
今日はそんなにハードでもなかったはずなんですがねぇ。

7時間近くしっかり睡眠をとって7時半に起床。
午前中は申し合わせ。
僕は働キなので行かなくてもいいのですが、いろいろ確認しておくために伺いました。

ついでに働キについて少し。
シテ方の場合、幕を揚げたり切戸を開けたり、また装束付けを手伝ったりといろいろと基本的に裏方をする人のことです(囃子方の場合舞台上での作業が少しあります)。
今回は「竜田」なのですが、この曲は一畳台と宮の作り物が出るためこの運び出し・撤収の作業もします。
能の場合、緞帳や暗転なんてことがないのでこの出し入れ一つにしても、舞台の一環としてできるだけきれいな所作でしなければなりません。
それともう一つ、シテが作り物に中入して装束を着替えるためそのお手伝いもしなければなりません。
脱いだ装束を小さく丸め、後シテを後見が着付けるときに風呂敷から出して渡すのがその役割。
簡単、といえばそうなのですが、楽屋であれ作り物の中であれ中入の装束付けは如何に早く如何にキレイにつけるかが勝負です。
そんなときに順番の違うものをお渡ししてしまったり間の抜けたことをすれば、さすがに舞台上でブン殴られることはないでしょうけど(笑)あとで大目玉は間違いありません。
しっかり落ち着いて臨まねばなりません。

さてさて、午後は出稽古に。
謡がちょうど同じ「竜田」でした。
後半はずーっと強吟の謡が続くので皆さん大変そうでしたが、少しづつ上達されているなぁというのがよくわかってこちらは嬉しい限りです。

そして冒頭の床屋。
移動中笛の稽古のために〝乱〟の唱歌をずーっと頭の中で唱えていたせいか(うろ覚えのものをしっかり覚えようとするのは思った以上に体力を消費します)、東京が夏日一歩手前の蒸し暑さに襲われたためか、椅子に座って1分と立たないうちにレム睡眠におちていました。

これで元気になったので夕食はこんな感じに作ってみました。
20060627214212.jpg

・鶏モモ肉のキャベツ蒸し
・にんじんとトマトのサラダ漬け
・中華風わかめスープ
・ご飯と生卵
・野菜ジュース
我ながらヘルシーなり!!
スポンサーサイト

[edit]

« 楽屋働キ…  |  ツレとダイエットと大雨 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/244-8764f0bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。