09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

脳と足の細胞の冥福を祈る 

早く家を出て事務所で作業するつもりが、結局ウダウダしてしまい、昼装束出しに直行。
連休初日の地方公演と最終日の国立での催しの準備です。
3曲で都合6体分。
地方公演は宅急便で発送するためその梱包やらで2時間半くらいかかりました。

そのあと国立へ。
笛の稽古が終わるといつものとおり頭がクラクラ。
最近曲が長いので、終わってから1時間くらい回復しません。。。
脳細胞が結構な数死んでしまっているんじゃないかとちょっと不安です…。

そのまま下に行き、本舞台で申し合わせ。
何度か書いた「山姥」のツレです。
初番の「忠度」が終わり切戸でスタンバっていると幕のほうから僕を呼ぶ声が。
能の場合、全体で合わせる機会は一般的にはリハーサルというこの申し合わせ1度きり。
それも面装束を着ることもなく、全曲通じてやることもありません。
基本的にシテ方に関連するところのみなのです。
この曲のツレは最初幕から出てきたら、普段ワキが座る場所にほとんど座りっぱなし。
そこからだろうと思ってすぐ出られるよう切戸で待っていたところ、ワキとアイの方が僕が来るのを幕で待っていらっしゃったのでした。。。
すみません!!と平謝りして、すぐさまスタート。
気持ちを落ち着けられないまま自分のセリフになってしまい、先日の研究会で「シテが出る前なんだから、もっとシテみたいに謡っていい」とせっかくご指摘いただいたのになんだかこの前よりも落ち着かない謡になってしまいました。。。

その後は気を取り直して勤めたのですが、終わったあと主後見の先生から「いい声出そうとしてカッコつけすぎなんだよな~」とのお言葉が。
うーんだいぶ前から負担のかかる謡い方だという意識はあって、直したいという気持ちももちろんあるのですが、どうしても舞台となると…。
特にこのツレは目の前に山姥が現れて気が動転せんばかりの状況にあるとあって、普段よりも一層力が入ってしまいます。
一朝一夕に改善できるものではないですが、とにかくあと1週間頑張れるだけ頑張ってみようと思います。

ちなみに今日の申し合わせの所要時間は省略ありで1時間20分ちょい。
相当シッカリきているなという感じだったのですが、終わったあと「もう少しシッカリいきましょうか」という恐ろしい言葉が耳に入ってきます。
ひええ~、あ、足が~。。。
いや!
こうなったら、「山姥」の上演最長記録出すくらいの勢いでどーんとこいっ!!
今日の感じだと爪立ては無理そうですが、立って幕まで歩くのは問題なさそう。
たとえ2時間越えようがちゃーんと立ってやるぜ!!!
スポンサーサイト

[edit]

« そんなこんなで  |  3度目の藤戸 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/254-b6519469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。