07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

いわゆるひとつの… 

金・土と福島に行きます。
各先生のお弟子さんが一同に会する発表会があるのです。
この会は毎年夏に開かれ、ここ最近は国立能楽堂の研修舞台をお借りしていましたが、たまには遠出をしてみようということになりました。
白石蔵王の駅から程近いところに良い舞台があり、ご宗家の仙台のお弟子さんも参加しやすいということでこちらに決定。
でもいきなり「会場はこちらです。みなさん来てくださーい!」と言ってみてもなかなか出演者も集まらないだろうということで、事務所でバスツアーを組むことになりました。
この企画の決定当時事務所に勤務していた関係で、旅行会社に勤める高校の友人に依頼し今回のツアーを組み立てていきました。
僕は4月で退職したわけですが、ツアー中お手伝いをするので、最終打ち合わせのため事務所に行ってきました。

会議は1時間ほどで終了。
友人は今回添乗しないので、これでまた暫く会えなくなってしまいます。
終わって少し話していると、彼は間もなく結婚するのだとか。
彼とは剣道部で一緒だったのですが、お相手も部の後輩。
僕もよく知っている子ですが、非常に表情豊かで愛らしい子。
もう付き合ってかなりなのですが、彼の言葉を借りれば「年貢を納めることにした」のだそうで。
彼なりの照れ隠しの表現なのですが、間違いなく非常にお似合いの2人。
お幸せに~。

その後僕もひと作業済ませて事務所を出ようとすると、事務長が呼び止めます。
休暇をとってNYに旅行されていたのですが、その間僕が事務所の留守番をしていたためそのお礼のお土産があるというのです。
わ~、なになに~?と期待していると、
「君は独身だし一人暮らしだから…」
と、渡されたものは、いわゆるひとつのエロ本。
それも向こうのどぎついもの。
「…あ、ありがとうございます…」
事務長、ひょっとしてこれは暗に「君も早く身を固めなさい」というおっしゃているのでしょうか???

でも申し訳ないのですがこの頂き物はちょっと…。
その後国立で稽古があったので、控え室で「しょうがないからもらってあげる」という心のひろーい方(笑)に差し上げてしまいました。

せっかくのお気遣いをすみません。
Tシャツのほうは喜んで着させていただきますのでどうぞお許し下さいまし~。
スポンサーサイト

[edit]

« 訂正  |  実力テスト »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/266-f46ece9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター