08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

無事帰還。でも… 

白石蔵王から無事帰還しました。
その報告を。

金曜日9時出発ということで余裕をもって30分前に集合場所に到着。
添乗員的任務を仰せつかっていたので、早めを心がけました。
1番最初だろうと思いきや、もうすでに5名がご到着。
みなさん楽しみにしていただいているようで、こちらも気合が入ります。

9時過ぎ、ほぼ定刻どおりに出発。
昼食場所、観光場所や、もう一台の東京発のバスと密に連絡を取りながら旅行を進めていきます。
傍からみると添乗員そのものだったようで、途中寄った野口英世記念館では「添乗員さん、チケットが一枚余るみたいなんだけど」って普通に言われちゃうし。

ちょっと勘違いをして危ういところもありましたが、なんとか無事宿に到着。
おっきなホテルで、料理も豪華、お風呂も立派でした。
宴会中は一段落したところでビールとウーロン茶をもって参加されたみなさんのもとに伺いました。
途中熱燗3杯を一気に干す羽目になったりと大変でしたが、約70名の方皆さんお一人お一人とお話しすることができました。

その途中、先輩のお弟子さんからお褒めの言葉をいただきました。
去年のとある催しで仕舞「鵜ノ段」のワキ謡を謡ったのですが、これが非常に良かったです、とのこと。
すっごくこまかーいところまでも見ていただいていてびっくり。
実はその数ヶ月前同じ曲で同じワキ謡を謡ったのですが、そのときは大失敗をしてしまったのです。
そのリベンジマッチであったので特に気合を入れて謡ったのですが、思わぬところでそういっていただいて本当に嬉しい以外のなにものでもありませんでした。

翌日、朝7時45分に宿を出発、9時開始という強行スケジュール。
会場は白石蔵王駅に程近い碧水園の能楽堂。
こじんまりしていますがとっても綺麗な舞台で、事務の方も対応が丁寧。
使用料も破格で一日中お借りしても、国立の本舞台を1時間借りるよりはるかに安いほど。

会はやや押し気味だったものの、その後スピーディーに進みだいたい定刻に終わりそうな展開に。
そしてついに最後の番組。
今回の目玉だったのですが、地謡が超豪華。
組んだのは実は師匠で「すごいでしょ」と自慢げです。
長老である師匠のお父様が地頭、両脇につい最近能楽協会の理事長に就任された先生、そしてこちらもごく最近80世宗家を継承された先生。
僕の知っている限りでは、この布陣は先代の古希記念仕舞ビデオ以来です。

そんな貴重な地謡を拝聴して、一路新宿へ。
途中隅田川の花火を遠目にちょびっとだけ眺めながら無事20時に到着。
皆様、お疲れ様でした~。


…と、会自体はすべて無事いったのですが、僕には大問題がひとつ。
携帯を紛失してしまいました…。
ホテルを出た直後、バス車中で無いことに気いたのですが、まーホテルに忘れたんだろうとタカをくくっていました。
が、舞台の仕事が一段落して連絡をとってみたところ、「見つかってません」とのこと。
帰り実家でもう一度掛けてみたのですが、やはり同じ返事。

今年は手帳を落とすわ、今回コレだわどうもツイてませんな。。。
スポンサーサイト

[edit]

« 失った携帯  |  訂正 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/268-e7bbaaab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター