05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

食べて謡って打って飲んで 

午前中、師匠のお父様と第2回目の月ノ巻校正。
「実盛」クセ・キリ、「自然居士」「春栄」の4曲でしたがやはり2時間かかりました。

この作業、ホント神経つかいます。
謡本の細かい節記号を目を皿のようにして一つずつチェックしたり、型付けごとに微妙に表記法が違ったりするのを統一していったり…。

でも大変なだけではないもんで。
校正法は、僕が「強吟、上、シテ、拍子合、ハル…」などと表記を言いながら先生に謡っていただいてチェックしていくという寸法。
これ考えてみれば贅沢ですよねー。
金春流弟子家最長老の先生がきっちり正確に謡って下さるのを独り占めして聴かせていただいてるんですから!
それ以外にも関連していろいろなお話が聞けるんで、大変な作業ではありますがそれ以上の収穫があります。

作業が終わったのは12時過ぎ。
お昼までご馳走になっちゃいました。
昼間っからお寿司!
あぁ、贅沢です~~~。
本当にご馳走さまでした!!

てくてく30分ほど歩いて事務所に寄って、ちょっと作業したあと国立の稽古へ。
ちょっと勘違いしてまして、おとといの記事に明日大鼓と書いてしまいましたが、昨日が笛、今日が大鼓でした。
早めに行って自分の稽古をしようかなと思っていたところ、履修(って表現はあんまりしっくりこないけど)してないほうの小鼓の流儀の先生から「ちょっと謡って」とお声がかかりました。
ちょうど来週の研究会で地頭をすることになっている「半蔀」だったので喜び勇んで謡わせていただきました。
位がものすごーくシッカリきたので、負けてなるものかと下の句を進めようとあがいたものの力及ばず…。
でもやっぱし楽しいですね、こういうのは!

ちなみに今回の稽古でわかったのですが、金春流の「半蔀」キリのあたま「ほのぼの見えし…」の部分はかなり特殊な拍子当たりなようです。
この前僕が履修しているほうでも打たせていただいたのですが、どちらの先生もう~んと首を捻っておられたご様子。
でもこういうお稽古で草の根レベルながらも金春流の謡を浸透させていくことは、将来的に多少なりともプラスになっていくはずです、きっと。

結局1時間ほぼ謡いぱなし。
終わると大鼓の稽古が始まっていました。
ひとり終わり次誰が行く?ということになったのですが、ちょっと見直しておきたいので、僕はそのあとにしてもらいました。
が!
その前に行った人が帰ってくるなり「ごめん!先生怒らせちゃった」と。
打っている途中でなんだかわからなくなっちゃって(この感覚ひじょーによくわかります)手が動くように打っていたら滅茶苦茶になっちゃって「今日はもういい!」と言われてしまったそうで。
って、なんでよりによって僕の前でそんなことしてくれんのよー!!
でも順番決めちゃったわけで、今更もう1人後で…ってのも卑怯なので緊張しつつ稽古室へ。

お稽古が始まると謡う先生のお声が枯れ気味。
さては枯れるほど激怒されたんじゃ…、なんて思考が悪いほうにまわってしまいまいしたが、これ以上の間違いは許されない状況だったので集中して臨みました。

結果…。
ばっちし!!
技術的な点で1箇所ご注意がありましたが、手組みはノーミスで終わり最後には先生に笑顔まで。
控え室に戻ると思わずガッツポーズが出ちゃったくらい。
とりあえず後の人によい流れでまわせたのでホッとしました。

この日はまだ終わりません。
といっても仕事はおしまい。
沖縄にいる大学のサークル仲間が上京してくるというので、久々にみんなで集ろうということになっていたのです。
ところが集合時間に集まったのはその彼を含めて4人だけ。
平日の夜とあってこの時間ではなかなか難しかったようですが徐々に集まりだし最終的には9人になりました。
昔話やら近況やらで盛り上がり、能を見に来てくれると言ってくれる人も出て楽しいひとときでした。

翌日舞台があるのでみんなより早く11時に店を出ました。
これで12時前には帰れる…予定だったのですが寝過ごしてしまい気がつけば3駅オーバー。
結局午前様になってしまいました。。。
スポンサーサイト

[edit]

« 地謡扇は武士の刀  |  重役拝命 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/365-df6d5b99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター