10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

流血の惨事 

例の謡の稽古。
遠い曲ですが「兼平」を見ていただくことにしました。
今日は小鼓の方も一緒にお相手してくれました。

バッチリ謡い込んで乗り込んだものの非常事態発生!!
謡い始めて5句目あたりで左鼻に違和感が。
もしや…。
そう、持病の鼻血。
しかし途中で止めるわけにもいかずそのままなんとか耐えて謡っていましたが、クセに入り
〝防ぎ矢つかまつらんとて 駒の手綱を…〟
なんて間を取れないところに来ると…もはや重力に任せるしかありません。。。
切れそうな集中力を必死で繋ぎながら謡っていましたが、血が喉にまわり思うように謡えません。
なんとか最後まで謡いきったものの、顔はラウンドを終えたボクサー、あたりに血が飛ぶ地獄絵図のような有様…って、そこまではいかないけど、それはヒドイ状態でした。

どうも先生は気付かれなかったようで、「じゃもう一回」と。
謡い始めてすぐ僕の異変に気付かれたようでようやっとストップが。
はぁー、助かった。。。

これで仕切りなおしてもう一度!
だったのに、キリで完全にパニックになっちゃいました。。。
高安流の手付けは持っていたのでそれで稽古していたのですが、拍子の取り方が全然違うぅ。
次の文字が五字だから…ヤアの間で大鼓はもうわかんないから小鼓を頼りに、えーっと今何拍だ???なんて、ない頭をぎゅるんぎゅるん回しましたが結局3、4回くらいやり直すハメに。。。

今日こそカミナリが落ちるーっ!と思いきや、先生はまたもニコニコ。
そ、その笑顔がなぜかコワイです…。

しかし、
本当にすみません…。
せっかく無理を言ってお稽古していただいているのにー。
次回こそばっちし謡えるよう更に稽古を積んできます!!


終わると案の定クタクタ。
今日はこれだけなのに(もちろんその前に自分で稽古はしてたけど)一舞台終えた以上の疲れがあるのはナゼ?

ヘトヘトになった状態で手帳をぱらぱらめくっていると、重大なことが。
明日の研究会、「高砂」地頭じゃん!
なんとかせにゃー!
スポンサーサイト

[edit]

« ゆがむカラダ  |  蝶ははばたけるか »

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2007/02/08 11:48 * edit *

金春安明 電腦 懷了

電腦 近日 修理,並 改 電信地址。
來信 請 寄 安明 攜帶電話。
安明 攜帶 已 機種變更了。番號 地址 不變。

komparu Yasuaki #lRLProEs | URL
2007/02/08 12:16 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/406-136af8e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。