07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

苦手働キ 

午前中に地合せをしてから国立能楽堂へ。
今日は年に一度の大イベント、式能がありました。
翁付高砂に始まり、朝から晩までシテ方五流、三役が一同に会する催しです。

金春流は去年二番目物「清経」でしたので、今年は三番目物。
「葛城 大和舞でした。

僕は楽屋働キ。
謡覚えなくていいし、長時間正座しなくていいかららくちーん…なんてわけはありません。
むしろ地謡のほうが、舞台に出ちゃったら謡うしかないので気は楽かもしれません。

何をするかというと、幕揚げ、切戸開け、装束替えのお手伝い、その他諸々です。
それぞれのお役の方が気持ちよく進められる影で働くお役目なのです。

でも不器用が服着て歩いているような僕にとってこの仕事は大の苦手。
幕揚げ、切戸開け等フェータルな失敗はありませんでしたが、ボロがちょこちょこと…。

後見の先生は鏡の間(幕のすぐ後ろにある部屋)で直前までシテの装束を着付けたり忙しいので、気を利かせて装束の間まで裃を持っていったのですが、裏目に出て探させる結果になってしまったり、その着付け方の手順が悪く先生にご注意いただいたり、中入りのときにもシテの先生からあれしなさいとご指示をいただいたり…。
働キっていうのは、何も言われる前にすべて行動しきってこそ役目を遂行したといえるのだと思います。
そう考えると…。

でも今の時期は何事も勉強です。
ご注意をいただけるのはそう長い期間ではありません。
次の機会にビシッと動けるようになるのが、今日ご注意をいただいたご恩に報いる唯一の方法です。



楽屋から撤収したのは17時ちょっと前。
別にお腹は空いてませんでしたが、今日は食堂の負担は協会持ちでしたので無理矢理食べてきました。
高い協会費のもとを少しでも取るべく。

…意地汚いな、自分。。。
スポンサーサイト

[edit]

« 事務人間  |  稽古場の意外な歴史 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/413-d457e3c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター