05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

思い込みという罠 

昨夜サッカー見ながら珍しく家で酒を飲み、そのままうたた寝。
そのせいか喉がまたおかしくなっちゃったような…。
ま、久しぶりに東京が勝ってくれたからよし。


そんなこんなで昼から国立に行き、謡の稽古。
今日は「橋弁慶」
五条大橋での牛若丸と弁慶の決戦というよく知られたお話ながら、上演頻度はそう多くはありません。
理由として考えられるのは、
○子方が大役
○曲が短すぎてシテが物足りない
ってあたりでしょうか。

数年前大宮薪能でありましたが、そのとき僕はトモ(前場で弁慶に「五条大橋にはめっちゃ強いガキんちょががいるから行かないほうがいいッスよ、おやぶーん!」て言うチョイ役)だったので地謡を謡ったことがありません。
いや、正確に言えば今を遡ること23年程前に一度謡っています。
今のご宗家が昔少年謡曲教室というのを開かれていて、そこで子供たちによる連吟があったのです。
本を見ながらだったのですが、その当時使った謡本には「手」にまでかながふってあります。
恐ろしいことにそんななかでも断片的に記憶はあるのですが、曖昧すぎてかえって暗誦の邪魔になってしまいます。。。
おまけにちょっとでも気を抜くとすぐ「巴」やら「熊坂」に飛んでしまうのでホント大変。

そして臨んだ今日。
先生に「橋弁慶をお願い致します」というと「橋弁慶かよ~(苦笑)」と。
人間国宝をもってしてもそう近い曲ではなさそうです。
「あい、いいよ」とのお声で謡い始め。
声が途中で枯れないか心配でしたが無事最後まで持ち、言葉が一箇所曖昧でしたが他は無難にいったかのように思いました、
が!
終わって、
「オマエ、一句抜いたろ」
???
ぜーんぜん意識がなく、どこが飛んだか見当がつきません。
「薄衣ひきのけつつ、ココだ」
と言われてもまだ節が出て浮かんできません。
ひとりで稽古するとこれが恐いのです。
思い込み、というモノ。
うぅぅ~~…、でも今間違っておけば今後絶対間違えないからよかったのだと思いましょう。


その後出稽古にすっとんで行き20時まで4時間。
発表会が近いので出席率が高いです。
皆さん来て下さると賑やかになってこちらも嬉しい♪
けど、謡いすぎで喉はイタイ…。
スポンサーサイト

[edit]

« またまたまた…  |  盤渉序ノ舞 »

コメント

はじめまして!
これからもよろしくお願いいたします~。

五星 #lVShtGQM | URL
2007/04/13 21:16 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2007/04/22 10:58 * edit *

おっしゃるとおり人間国宝というのは金春流の方ではありません。
大鼓方の先生にアシライをしていただき謡を見てただいております。
経緯につきましては以前書きました「突然ですが」の項をご参照下さい。

五星 #lVShtGQM | URL
2007/04/22 21:22 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2007/04/22 23:58 * edit *

いえいえ~。
またお寄り下さいねっ。

五星 #lVShtGQM | URL
2007/04/23 21:14 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/449-44b32c26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。