08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

63万円 

夕方から国立で稽古。
大鼓は「西行桜」
終わったあとで先生から「掛け声が金春流っぽい」と。
どうやらほわぁんとしているという意味らしいです。。。
その例えが的確なのかどうかはさておき、最近ずーっと序ノ舞物をやっていて、意識的に柔らかめに掛け声を掛けるようにしていたのですが、その影響か拍がぼんやりしてしまったようです。
強い物であろうがしっとりした物であろうが拍はきっちり刻まねばなりません。
確かに先生にやっていただくと、鋭利な刃物で切るようにスパッと拍を取るのですが、反面僕のは鈍器で殴りつけているような。
うむ~、むつかしい。。。

笛はいよいよ最後「鷺」
子供か古希を過ぎた老人でないと勤められないそうで、僕には最低40年は舞う機会のない曲です。
「猩々」にもこの「鷺」と同じように乱(みだれ)というものがありますが、譜は全然違います。
一度しか見たことはありませんが、喜多流にある「鶴」のほうに近いかも。
ただしあれは乱と呼ぶのかどうかはわかりませんが。
なにはともあれ、うまくいけば次回で笛は修了です。


国立の養成課受付の横には能楽関係の新聞記事の切抜きがはってありますが、そのなかにこんな記事が。
高くね???
能楽堂という場所代がこの値段の原因ですかね。
普通の式場で僕に依頼がもし来れば、僕なら同じ内容で半額でいけそうな気がしなくもないよーな。
ところでもしこのプランに注文がきたら能楽師にはどういうカタチで依頼するんでしょうかねぇ???
スポンサーサイト

[edit]

« 8年ぶりの  |  所詮は妄想か »

コメント

ホテルも色々考えるねぇ~!
これ、様式で考えるとバレエ劇場でバレリーナが、祝福のダンスを踊ってくれるような感じになるのかしら。
入場はみんな爪先立ち歩きよ!みたいなv-107
通常、いくら位かかるんだろ。。。
そして、この能楽堂は結婚式専用なのかねぇ?

うきわ #- | URL
2007/04/19 15:33 * edit *

神前式は6万、教会式でも10数万だそうで。
そうやってみるとこの額は破格。
ちなみにこの舞台、ちゃんと能公演もやってます。
ただし客席数が少なくて興行的にはなかなか難しいようだけど。

五星 #lVShtGQM | URL
2007/04/21 21:29 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/452-cac806b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター