05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

「蝉丸」始めました 

本番は11月ですが、昨日から「蝉丸」の稽古が始まりました。
シテは師匠、僕がツレ。
僕ももちろんですが師匠が相当気合入ってます。
だって昨日進んだのは謡だけわずか2ページ、なんてくらいですもん。

謡ってみるとわかりますが、今の僕にはものすごーく難しいです。
そりゃ節どおり謡うのはなんてことありません。
でもそれだけじゃこの曲は面白くもなんともないわけで。
謡い込んで謡い込んでいって、自分のなかでいろいろ組み立てていかないと到底太刀打ちできません。

昨日の「松風」もそうでしたが、この曲も本当にいい曲。
でもやはりストーリーは劇的とは言いがたく、動きも少なく非常に地味~な部類。
それでもホントしんみりくるんです。

曲名にもなっている蝉丸というのが僕が勤めるツレ。
ツレと言っても非常に謡が多くて大役です。
この人、盲目だからというだけで父である帝から疎まれ山に捨てられてしまいます。
こんなん現代だったら大社会問題ですが、当時としては充分考えられることだったのでしょう。

この蝉丸は非常に心の澄んだ人。
山に連れ添ってきた臣下は蝉丸の不運と帝の非情を嘆きますが、「目が見えないのは前世の因果のせい。それをこの世で清算すべく父君は私をこのようにされたのだから、これ以上ない愛情ではないか」とかえって臣下を慰める言葉を掛けます。
しかしその臣下たちがやがて去っていってしまうと、こらえきれず残された琵琶を抱えて泣き伏してしまいます。

…話はまだ展開していくわけですが、このあたりを謡っているだけでもう泣きそうになってしまいます。
ですがこれを舞台でやるとなると、自分が悲しい気持ちになるかどうかはどーでもよくて(むしろ悲しくなっちゃいけないのかも)、ご覧なる方が悲しい場面に見えるかが重要なわけです。
あんまりやる側が悲劇悲劇していても押し付けがましいだけで、いかに感情移入しやすいよう持って行くかがカギ。
こういえば簡単そうですが、これがまぁ…。

とにもかくにもまずは技術的にしっかり固めて、自信をもって謡えるようにならないと悲しいもなにもありません。


これから稽古を重ねるにつれて、精神的に相当キツくなることが予想されますが、これをちゃんと超えたら何かが見える気がします。
その景色を見るためにこれから半年戦いますっ!
スポンサーサイト

[edit]

« 稽古をつけるほうも…  |  涙の松風 »

コメント

えー!蝉丸ですか!

蝉丸のツレは「両シテ物」で、もしこれが表看板の「金春会定期能」なら、シテの忍さんの相手のツレを汎さんとか光洋さんとか私がおつきあいしても、ちっともおかしくない大変な重ツレですよね。まあ、円満井会定例能だから師匠が試練を与えたのでしょう。大抜擢です。11月は「十両力士が大関と対戦したような物」で、あとでビデオを見てガックリ、自己嫌悪、というのは今から目に見えてます。でも、若い内に当って砕けて、いずれ金春会定期能で蝉丸の役が付いた時のために、今から良質の白菜を漬け込んで、十年後の熟成を待つんですね。漬け込みが悪いと醗酵・熟成でなくて、腐敗しちゃいますからね。ああ、照代さんが大反対した気持ちもよくわかります。でも、ここが能の不思議なところで、「芸は人也」で心を正しく持てば、舞台にどこかいいところが現れて、観客にそれが、伝わる物です。または、「女癖が悪く、弟子も育てず、借りた金は返さず、自己チュ-の固まり」みたいな人でも、その人は酒も飲まず、戦後の食糧難の時に家族も顧みず自分だけサッカリンでなく本物のお砂糖入りのお汁粉を食べちゃうような「健康に留意する人」で、年取ってからも、さまざまな健康管理をしてて、それは結局、自分が好きな能を最高のコンディションで舞いたいが為なんでした。お免状にも「執心の故を以て」とあるように、芸にたいする執心があれば、人格サイテーの人でも、芸術院会員が死んだ後、「鳥なき島のコーモリ」で芸術院会員の次の程度の位をもらえることも有る。もちろん、生まれ持ったセンスも有ったからでしょうが。家内は「楽屋の姿がきれいな人だった」といってます。駆け出し君が天性の素質を持っていると思うなら、「メチャンコ天才名人」になるもよし、素質が無いと思うなら、普段から品行方正にして、心を正しく持って、一生懸命お稽古すれば、かならず観客に伝わります。観客って、能を知らない人でも、見るところはちゃんと見てるんですよね。養成会で「謡も間拍子も歩みも型も完璧」に涙ぐましいほどの努力と「生まれ持った器用さ」を持った人が大勢で「能楽の甲子園大会」をやってるのを見る事がありますが、能はオリンピックの新体操とかシンクロナイズドスイミングじゃあないんだから、今、夏休み前はギューギュー稽古して、秋になってからは(あるいは金春会定期能で蝉丸の役が付いた時は)腹八分目、余裕を持って、寝ぼけてても出来るように馴らす、というのが大事だと思います。二十年後を期待してます。今回は、とりあえず、演能終了後、深津さんにティッシュ(鼻血用の)を準備させておきます。

金春安明 #lRLProEs | URL
2007/05/17 10:42 * edit *

有り難うございます。
とにかく今は精一杯稽古に励みます!

五星 #- | URL
2007/05/17 20:51 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/472-45a168af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター