05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

流儀による違い 

昼から月ノ巻の編集作業。
ようやっとマ行「松風」まできました。
あと10数曲。
夏の比較的時間のあるときに何とか片付くかどうか、といったところ。

校正作業をしていると節付けにときどきあれ?と思う箇所が出てきます。
単に記号の書き間違いということもありますが、ときどき謡本が改定される際に無くなった記号、逆に新しく出来た記号が原因になったりしていることがあるようで、そんな歴史を知る機会になるのはこの作業の有り難い副産物です。

それと長老的存在である師匠のお父様から折に触れていろいろなお話が伺えるのもとっても有り難いこと。
今日は「道成寺」の話題になりましたが、貴重なお話をお聞きすることができました。
内容はないしょ。


終わって今度は師匠と国立へ。
来週の研鑽会の申し合わせです。
金春流は舞囃子「枕慈童」
能としては1時間足らずの短い曲ですが、舞囃子となると楽がありキリの仕舞も4ページほどあり長い部類に入ります。
比較的謡いなれた曲ながらキリは飛んだり戻ったりトラップが多いので結構気を遣います。

初番だったのであとは高みの見学(言葉が変)。
せっかくなので普段入る機会がないSB席(正面後ろの普段写真室になっているところ)で。

じっくり他流の舞台を拝見しているといろいろな発見があって楽しいものです。
金春流では常識と思っていても他流では特殊なこと、またその逆ということもたくさんあります。
たとえば観世流の舞囃子「羽衣」を拝見していたときのこと。
サシの謡の間よく見ていると、あれ?シテも地謡の部分を一緒に謡ってる!
着座中は地謡と一緒ということなのか、理由はよくわかりませんが金春流ではまず見ることがないパターンでした。

他にも拍子あたりなどいろいろ違う部分があったり。
こういうことは自分に知識がついてこないとわかりません。
最初のうちはただ漫然と、なんか違うよーな…、でしたが、段々と整理して理解できる部分も出来てきました。

そう考えてみると改めて囃子方って大変。
相手は五流全部ですもんねー。
ときどき申し合わせをしていて囃子方から「はて?なぜそんなことを?」というようなことを聞かれることがありますが、こうして他流の舞台を拝見していると、「ははぁ、なるほど」とわかるときがあります。
なので金春流だけが特殊という箇所では予め「私どもはこのように…」と言えるようにしっかり知識をもっておかなくちゃいけないわけで。

日々勉強であります。
スポンサーサイト

[edit]

« 冷や汗かきすぎ?  |  地頭、そして新たな課題 »

コメント

トモ地とか6人地謡など

私は、地謡が8人でなく昔は6人が多かった事に着目した人の話を聞いたことや、仕舞のトモ地(舞う人と地謡が交代で謡いっこする事)に驚いた人の文章を読んだことがあります。金春流では今でも時々やってるのにね。観世では居語りアイの時、地謡は一度扇を横へ引く。だから『舎利』の申合せなども若手の場合は中入りの場面も省略せずにちゃんとやらなくてはならないのかも。

金春安明 #lRLProEs | URL
2007/06/08 08:49 * edit *

朝日新聞金曜夕刊

早ければ今日8日に流儀の歴史的なことが載ります。もし他に大事件でも有って先送りになったら来週以降の、ともかく金曜夕刊。Youさんの分はキオスクで買います。

金春安明 #lRLProEs | URL
2007/06/08 09:15 * edit *

関東地区の夕刊

関東地区の金曜夕刊です。だからYouさんのぶんは買っておかねばならないのです。

金春安明 #lRLProEs | URL
2007/06/08 09:26 * edit *

御宗家:安明先生 へ

【関東地区の夕刊】について

 『関東地区の金曜夕刊です。だからYouさんのぶんは買っておかねばならないのです!!』
 との【金春流八十世御宗家】自ら【ど素人:You】の事を気遣い戴き、【非っ常~に恐縮】&【7月にお目に掛かった際にどうしよう⇒(ToT;)…。】と頭を抱え込んでしまいました。 
 夕刊代そして【九州の片田舎M県】へ郵送されるおつもりでしたら、全て【Youの支払&着払い⇒<m(__)m>】と致しますし、ご多忙でいらっしゃる【御宗家:安明先生】ですので、7月に恐る恐る(?!)12月に【道成寺:お披き】になる『年男(!!)⇒I・Y先生』に首根っこを捕まえられて連行⇒(ToT;)?!…。と、なりました時に、お支払い致しますので、【超レア(?!)な直筆⇒φ(..)領収書】なり何なりと申し付けて下さいませ。

※五星先生へ⇒【伝言板:?!】になってしまって、申し訳ございません。⇒<m(__)m>
因みに、いつも舞台を拝見する度に思うのですが、五星先生の師匠T・S先生の御父様で、御流儀の生き字引(?!)でいらっしゃるT・H先生の舞台の『謡』のお声の素晴らしさ⇒【若々しさには⇒w(゜o゜)w】となってしまいます。(※『親子』で全く同じ声質でいらっしゃるので、不思議な感覚で舞台を拝見させて戴いています…。)

徒然の乱文メール魔(?!)『You:でした』⇒<m(__)m>

You #4NpRk4Uk | URL
2007/06/08 22:59 * edit *
五星 #lVShtGQM | URL
2007/06/09 00:35 * edit *

アドレス有難う!

新聞にはカラー写真が3枚のってるのですが、記事本文はこれで全国に発信されていることがわかりました。

金春安明 #lRLProEs | URL
2007/06/09 02:36 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/485-78fbd70d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター