06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

大不覚 

昼過ぎから国立の研修舞台で先生のお稽古のお手伝い。
その前に行って自分の稽古をしていました。

夕方終わって手附を写していると、17時半から下で囃子科協議会があることがわかり拝見させていただきました。
舞囃子3番、一調、狂言、能という番組。
能は観世流の「葵上」でしたがこれでもか!というくらい金春流と違うところだらけ。
小書が2つついていましたがそのためなのか、流儀の違いなのか、シテの工夫なのか。

「葵上」って、本来は御息所の従者である青女房が登場していたらしく、そのセリフだったものと思われる箇所があります。
観世流のこの曲に古式という小書がつくと車とともに青女房が出たと記憶していますが、今回はその小書ではなかったためツレひとり。
でも曲に即したカタチに演出されていて、なるほどな~と思いながら見ていました。


さっき家に帰ってきて、稽古日をお弟子さんに連絡しなくちゃと手帳を開いたところ、

あ…

驚愕の事実が。
師匠、申し訳ありませんっ!!!!!
スポンサーサイト

[edit]

« 「ん」  |  黄金時代(仮) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/489-c78335ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター