05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

そんなこんなで週末回顧 2 

土曜日。
前の夜1時過ぎに寝たのに、なぜか4時半に目が覚めてしまいました。
30分くらいもう一度寝ようとあがきましたが結局寝付けずそのまま作業していました。

この日は発表会。
糸を縒ったり、当番表を書いたり、お弟子さんに貸す(僕が代稽古している方も何人か出られるので)紋付袴や扇を準備したり。
そうこうしているうちに出発。

9時に能楽堂。
あ、…せっかく書いたのに当番表忘れた。。。
スタートから躓きましたが気を取り直して諸々作業。
着物の着付けなどしているうちにはや開演時刻。

トップバッターは僕が教えている5歳の女の子。
いやー、子供はなにやってもかわいいから得だわ~。
そういえば以前、別の女の子が仕舞を舞ってこちらも非常にかわいらしかったのですが、最後の最後左右シトメをするときに思いっきり足を跳ね上げてスキップのように。
不覚にもツボに入ってしまい、地謡の声が急にか細くなってしまうという非常事態に陥ったことがあったっけ。。。
今回はそういったこともなく無事終わりました。
切戸にひいて「よくできたね~」って言ってあげると本人も満足の出来だったようでニコニコしていました。

その後仕舞が続き、昼前に「経政」
装束を着付けるとさすがに緊張してきた様子。
この子は子方時代からそうですが、緊張すると表情が緩むのですぐわかります。
先に舞い終えた妹さんも(トップバッターの子)いつもと違うお兄ちゃんを不思議そうに見ていました。

いよいよ開演。
僕も今まで体験したことがないタイプの緊張感に襲われます。
師匠が僕の初シテのとき落ち着かない御様子でしたがそれに近かったのかもしれません。

後見座に座って後ろから見ていると、なんだかジーンときてしまいました。
2年近く前から稽古をはじめて、途中声変わりが始まって声が出にくくなり、子方のときより格段に増えた謡と型を行きつ戻りつ覚えて、そして今日目の前で舞っているわけです。
いや!そんな感情を出してしまっては後見としては失格。
ただ舞台がつつがなく進むよう気配を消して座るよう心がけていました。

幕を出て40分ほど。
留拍子を踏み、幕へ帰ってきます。
礼をして迎え、彼の後ろで幕が下りると安堵の表情を浮かべました。
妹さんと同じく彼も今までで一番よくできていました。
よかった、本当によかった!


ほっとしたものの会としてはまだ折り返し地点。
ゆっくり昼ご飯を食べる暇もないまま、また着付け、地謡、三役との進行具合の連絡、そして地裏で皆さんの舞台を拝見したりと息つくヒマもありません。

最後の番組、能「胡蝶」が終わったのが17時半頃。
しかし一日はまだ終わらず、これから装束の返却、そしてまた明日の装束出し。
結局この日の帰宅も日付が変わる頃でした。
スポンサーサイト

[edit]

« そんなこんなで週末回顧 3  |  そんなこんなで週末回顧 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/500-747c8b2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター