10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

そんなこんなで週末回顧 3 

のんびりしていたらもう一週間。
でも一応書き始めたので先週のことをば。


日曜日。
朝は少し寝坊して昼から舞台。
能2番で僕はあとの曲の地謡でした。
最初は「弱法師 盲目ノ舞
「弱法師」は何度か見ていますが、この小書は初めて。
というかその存在もチラシを見て初めて知ったというくらいです。

ちと余談ですが、金春流は他流に比べて小書が少なくなっています。
「羽衣」を見てみると、他流ではワンサカとあるのに金春流は〝替ノ型〟のみ。
(ま、替ノ型とあってもかなり演出に幅があるのでカバーできているのかもしれませんが)
それと最近他流の方とお話するようになってわかったことですが、小書が少ない理由として、金春流はノーマルな状態で他流の小書付になっているということもあるようで。
たとえば観世流の場合、この前勤めた「胡蝶」では小書がないと破ノ舞が入らなかったり、「望月」では〝古式〟となった場合に金春流と同じような詞章になり、通常の場合はだいぶ詞章がカットされているのだとか。
で、少ない理由は事実としてはどうしてなんでしょうね?

…とちょっとそれましたが、今回の盲目ノ舞は通常イロエが入るところがイロエガカリ中ノ舞になるというものでした。
その中ノ舞もオロシの譜が変わったり二段を抜いたり少し変化がついていました。
また小書のためかわかりませんが、クルイの途中で橋掛りに行く型もあったり、いろいろ勉強させていただいた舞台でした。

そして次が「西行桜」
つい最近も地謡に座らせていただきましたが、感想としては…、
キツイ!むずかしい!
…です。
あれだけシッカリくるとついていくので必死。
息切れるは、汗びっしょりになるは、とにかくキツかったというのが率直な感想。
これをちゃーんと地頭できるようになるのは、…30年経ったらなんとかなるのでしょうか?


この日はもう一箇所。
全国的にキャンドルナイトのキャンペーンが行われていたそうですが、芝公園にて能の舞とピアノのコラボレーションでした。
2年前にもこのイベントのお手伝いに伺いました。
見る前は正直なところ「どうなの?」と思っていましたが、実際目の当たりにするとなかなかいい雰囲気なのです。
古典としての能を究めていくというのは言うまでも無く第一のことですが、こういった活動も決して奇をてらうというものではなく、自分の磨いてきた芸を試すという意味で修行の一環となるのではないかと思います。

さてこの日のモチーフは「松風」
僕は少し地謡を謡ったあと、水衣から長絹への物着(舞台上での着替え)を担当させてもらうことになりました。
普段物着は厳密に時間が決められていることはないのですが(もちろんモタモタはできませんが)、今回は師匠が「松風」のクセの頭から上羽まで謡っている間に1人で(普通物着は2人か3人でします)やらなければなりません。
入念にイメトレしていったつもりでしたが…。

控え室は近くのホテルの一室になっていて、面以外をつけた状態でタクシーに乗って会場に移動。
あいにくの雨でしたがお客さまはたくさんおいでのようでした(暗くてよく見えなかったので雰囲気で)。
今回の舞台はなんとトラックの上。
トラックといっても軽トラの荷台じゃあなくって、でっかいトラックで側面がパカーッとあいてアーティストがライブなんかやっちゃいそうなやつです。

へぇーと感心しているひまもなく、すぐに舞台が始まります。
上がってみるともうひとつびっくり。
正面は池。
おまけに真っ暗。
よく能楽堂はなんで客席が暗くならないの?と聞かれることがありますが、そうすると面を掛けて視野の狭くなった状態ではどこ向いてるかわかんなくなっちゃうのです。
というわけで、今回の舞台はかなーり厳しい条件なわけで。
が、舞っている先輩は過去様々な特設舞台を経験しているので意図も簡単に動いていきます。

そうこうしているうちにいよいよ物着。
慌てずかつ無駄なく動いてスピーディーにやっていきましたが、長絹を着せようとしていると、
「形見こぉそ…」
やばっ、もうすぐ終わっちゃうよ~!!
と内心ものっすごく焦りましたが、師匠も謡を見計らって下さってなんとか完了。
ふぅ~。。。
(ってもちろんそういう顔しないようにしましたけど)

その後はもうひと作業しつつじっくり見させていただきましたが、しっとりとよい雰囲気。
お客さまもじっと見てくださっているようでした。



で、この日も帰宅は日付が変わる頃となり、翌日のヘトヘトボーリングへと続くわけでございます。。。
スポンサーサイト

[edit]

« クラッシュ  |  そんなこんなで週末回顧 2 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/501-53b4944d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。