09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

双ノ舞 

今日は宝生能楽堂へ。
能楽協会主催で五流が集まる会です。
出演者も流儀を代表するそうそうたるメンバー!
おまけにチケットも超リーズナブル!
とはいえ、年に何回もこういう舞台があったら能楽師はメシが食えませんが…。

金春流は「乱 双ノ舞で、宗家がシテ、師匠がツレを勤められました。
通常の「乱」(といってもこの時点で「猩々」の小書つきバージョンなのでちょっと変な言い回しですが)は1人で舞うものですが、この小書が入ると猩々が2体となり型も変わります。
やはり見た感じ、この小書がついたほうが華やかで面白いなあというのが正直なところです。

能楽師は成長するためのステップが決められていて、この「乱」もそのひとつ。
僕も数年のうちに挑戦しなければいけない壁です。
師匠にシテを勤めていただいて、僕がツレで披かせていただく…なんてわけにはいかないかなぁ???
スポンサーサイト

[edit]

« 出演予定 もひとつ追加  |  12年 »

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2007/07/21 18:39 * edit *

宝生能楽堂だったんですよねぇ・・・
すごく行きたかったのですが、平日だったので涙をのみました。。

先日の公演を拝見して思ったのですが
(小面の事前情報ありがとうございました!)、
動きの少ない曲も大変なのでしょうけれど、
石橋しかり、動きの多い曲はもっと大変なんでしょうね。
あの狭~い視界で動き回っているなんて、未だに信じられません。

「乱」を披かれるのを、心待ちにしていますねー。

※名前、変えてみました。わかるかな?

白やぎ #- | URL
2007/07/22 13:10 * edit *

先日は有り難うございました。
お名前変えてもちゃんとわかりますよー。

激しく動くものももちろん大変ですが、やっぱり動きの少ないもののほうがツライですー。
最たるものは全く型がなくただ立っている場面。
視野が狭いため平衡感覚がなくなりしっかり腰が入っていないとふらつきそうになってしまいます。

「乱」は…、まだもうちょっと先です。
待っていてくださいねっ。

五星 #lVShtGQM | URL
2007/07/22 21:01 * edit *

納涼能

「宗家の乱」(笑)ということで、午後半休で行きました。五星先生の正面でしたが、おわかりになりました? 終演後はS田先生夫妻と大先輩の流友とお茶しにいきました。

あれやらこれやら、、、 ど素人には勉強の連続です(^^) 運びも宗家筋と櫻間家筋では違うようですね。私の知る限りでは、観世の宗家筋と喜多流は金春宗家の運びと似た感じです。なお、宝生の宗家代行の石橋も溌剌としていました。(実は結構、応援してます(笑))

それにしても、2月の式能と7月の納涼能は、五流全部見に行く人間にとっては、ちょ~お得ですよね(^^)

うるP #1iXjGj36 | URL
2007/07/23 09:18 * edit *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2007/07/23 11:15 * edit *

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2007/07/23 11:26 * edit *

うるPさま
いらっしゃているのちゃんとわかりましたよ!
ただ前列なのであまりきょろきょろできず、着座したときにわかっただけですけどね。
石橋も拝見したかったのですが、装束運搬係のため先に帰らねばなりませんでした。
残念。

先生
先生をしても難しいことなんですね。
舞台上でも気持ちを強くもてるよう稽古に励みます。

五星 #lVShtGQM | URL
2007/07/24 01:10 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/511-4567fe89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。