07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

東西合同 

昨日今日と毎年恒例の東西合同養成発表会に出席させてもらいました。
今は講評会が終わり新幹線待ちです。

今年の金春流の曲は「芦刈」
研究会や稽古会でたくさん謡う機会をいただいてきたので準備万端!…のはずでしたが、残念ながら申し合わせはあまりよいとはいえない結果に。
楽屋に帰ってきてから、翌日に活かせるように反省点を話し合いました。

でもしょげてばかりいてもしょうがないので、みんなで晩御飯へ。
先輩のおごりで贅沢にもしゃぶしゃぶの食べ放題へ連れて行ってもらいました。
普段国立の食堂で笑いを買うほどの大盛りご飯を食べているので、なんだか変な期待を感じてしまいます。
頑張ってかなりの量を平らげ、先輩からも「おごった甲斐がある」と言ってもらいました。
(ごちそうさまでした!)

これで気合いを入れ、今日の舞台へ。
朝早く起きて風呂に浸かりながら最後の復習して舞台に臨みました。
出番は午後なので、昨日同様じっくり他流の舞台を拝見しました。
これがこういった会の楽しみであり、緊張感を高めてくれます。
この会もだいぶ世代交代が進んできていて、僕よりも若い人も増えてきました。
でも何人か年長の方もいて、さすがという舞台を作ります。
そうした舞台を前にしていると、僕も舞台で戦ってみたいと、大袈裟な表現ではなく血が燃える感覚を覚えます。

そしていざ舞台へ。
稽古会で人間国宝の先生を前に一人で謡わせてもらったり、この日のために稽古を積んできたので、緊張といってもついにきたかという心地よいものでした。

結果は昨日よりはだいぶよくなったかとは思いますし、自分としてもできる限りのことはやり切ったと思います。
でもこういうとき、普段先生先輩方が後列に座られているときの凄さというのが身に染みてわかります。

僕もいつまでも若手といって甘えてはいられません。
いずれ必ず責任ある立場につくことになるはずです。
そのときのために今日感じた思いを忘れず、彼がいれば地謡は万全だと信頼されるよう、また気持ちを新たに稽古に励みたいと思います。
スポンサーサイト

[edit]

« 音取  |  雨のち晴れ…なのに »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/531-56f4173f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター