05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

「百万」地頭 

年内最後の研究会。
「小鍛冶」のシテ、「百万」の地頭、「絃上」「土蜘」の地謡でした。

「小鍛冶」は今月に入り稽古をスタートしました。
まだ型を覚える段階。
大崩れすることはなかったものの、監督の宗家から口調は優しくともかなり厳しいご意見が。。。
これから稽古を重ねていくなかでいい課題をいただきました。

最後に「百万」。
これは結構難物で、今月に入ってからずーっと心のどこかに引っ掛かっていました。
でも志願して謡わせていただくことになったので、カッコ悪い姿は見せられません。
謡っていて楽しい曲ですし、だいぶ謡い込んできたので緊張よりもワクワク感のほうがはるかに大きかったです。

やっぱり地頭って楽しい!
囃子方と真正面から対峙しているっていう感じがします。
二ノ上羽以降だいぶサラサラしてきますが、意識して上げていったらスッと反応して下さったり。
(最も終わって宗家から「よくついていったね」とおっしゃられたので、僕が仕掛けたというよりうまく囃子方にのせてもらったのでしょうけど。。。)

でも一人でも一緒に謡う人がいるとちゃんと引っ張る謡をしないといけないし、たとえ他の人が間違っても流されないようにしなくてはいけません。
あとシテも見られる余裕を持てるように。
その動きによって緩急のつけ方も変えねばいけませんし、囃子方ばかりに気を取られていると六拍子の足拍子のときに三地謡で謡ってしまったりしかねません(今日は大丈夫だったけど)。

なにはともあれこれは経験を積む以外にありません。
1月2月の研究会でも地頭を勤めさせていただくことになったので、バンバン謡っていこうと思いますっ。
スポンサーサイト

カテゴリ: 稽古

テーマ: 能楽 - ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« 今年1年有り難うございました  |  58 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/586-25add50d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター