08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

「舞えよ」 

昨日。
謡の稽古で国立へ。
「紅葉狩」の前場をアシラっていただくことになっていました。
ちょうど鼓方の研修生がいらっしゃったのでお付き合いしてもらいました。

この曲は鬼が美女の姿で現われて平維茂を襲おうとする話なのですが、前場の終わりは本性をあらわして「キサマそのまま眠っておれ、キヒヒ」といった感じで終わります。
舞も中ノ舞(または序ノ舞)を舞ううち、維持が眠ったことを確認すると急ノ舞という非常に速い舞に変わります。
でもその部分がどこで変わるかがうろ覚えで、やる前にその鼓方の方と、確かこんな具合だったと思うんだけど今日は謡の稽古だからまさかやんないよねぇ、なんて話をしていました。

さて時間になり、連れ立って稽古室へ。
いつもながら先生が目の前に座っておられるだけで異常な緊張感に襲われます。
謡い慣れた曲なのにふと次の言葉がわからなくなりかけてしまったり。
でもこういう緊張下で稽古できるのは、やがて地頭を勤めるときに必ず生きるはず!です。

今回は序ノ舞バージョンでやっていただいて(舞に入る前の謡い方に影響が出ます)、やれやれと一息。
さて序ノ舞はどこまでやるんだろ。
序でお終いかと思いきや終わる気配なし。
カカリまでかなぁなどと考えていたその瞬間、

「舞えよ」

…へ?

「舞え」とおっしゃったんだ、と頭の中で処理するのに一瞬時間がかかりました。
さあ、どうしたものか。
とりあえず初段から序ノ舞を舞っていきます。
ええと位が変わるところは、えーとえーと…、わからん!なんとか序ノ舞三段でごまかせないものか…と涼しい顔しながら内心大汗でした。
確か二段が抜けるはずだったけど…、普通に二段やっちゃえ!
お、どうにかセーフかとオロシを終えて角から大小前に行こうとしたとき、

「おい」
先生の手が止まりました。
「どこで急ノ舞になるんだ?」

もうこりゃどうにもなりません。
不勉強でわかりません、申し訳ありませんと平謝り。
先生は
「まぁいいや」
と。
そんなこんなで、とにかく舞い上げの謡へ飛びました。。。



で、今日師匠のお稽古があったので、早速寸法をお聞きしました。
雨降って地固まる。
これでしっかり覚えました。
ついでに「道成寺」の急ノ舞も調べておきました。

あったりまえながら、シテ方としては謡も舞も両方できないといけません。
今回はいい教訓になりました。。。
スポンサーサイト

カテゴリ: 稽古

テーマ: 能楽 - ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« 後見…だったけど  |  テレビ雑感 »

コメント

NoTitle

「おんみ心素直なるにより」今度うちに来た時に「恐怖の戦慄映像」を見せたげる。プロはどんな状態でも一定の水準の舞台をキープして、観客の皆さんに奉仕しなくてはならないのです。

宗家です #lRLProEs | URL
2008/02/01 07:03 * edit *

NoTitle

×平維持→○平維茂

妹 #- | URL
2008/02/01 22:39 * edit *

NoTitle

鬼女はキヒヒて笑ってたんですか…笑

#- | URL
2008/02/02 03:14 * edit *

NoTitle

先生
ビデオ有り難うございました。
笏ノ舞はなるほど見事で見入ってしまいました。


妹君
すんません。直しました。
まさかお前さんに誤字を指摘されるとは。。。


謎の方
ホントは「げへへ」です。

…な、わけないです(笑)

五星 #lVShtGQM | URL
2008/02/03 22:47 * edit *

謎の方(笑)

チョコでした。
しかもげへへ…
ツボにはまりました…笑

チョコ #- | URL
2008/02/12 19:45 * edit *

NoTitle

やはりチョコさんでしたか。
楽しんでいただいていただいてなによりですー。

五星 #lVShtGQM | URL
2008/02/12 21:42 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/598-1d1a0013
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター