09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

散髪 

だいぶ髪が伸びてしまったので近所の床屋さんへ。
担当のお姉さんがいなくなったこのお店は、前を通るたびヒマそうだなあと思っていたのですが今日は大繁盛。
30分待ちで見慣れない若いお兄さんが切ってくれました。
が、
髪を濡らす水を顔にかける
シェービングクリームを唇に塗る
はさみが髪に引っ掛かる
顔剃りをしてもあんまし髭が剃れてない
おまけに、
前髪切りすぎ。
ペナルティのワッキーかFUJIWARAの原西か。
いずれにしてもどうなのか。。。

そんな髪で国立へ。
師匠からは、
「もうちょっと頭頂部をすいてもらわなくちゃダメだな」
と…。

ま、髪ネタはともかく「小督」
この曲の一番の特徴は作り物でしょう。
戸が1つ萩垣が5つ、舞台を分断するように置かれる大掛かりなものです。
置き方もいろいろあるようですが、とにかく今回のパターンをしっかり覚えておきました。
一度見た以上さっぱりわかりませんというわけにはいきませんし、何か一つ基準があれば今後応用が利きますし。

あ、ちなみに今日は協会が揃いの扇を用意してくれていて、地謡・後見はみんな白地に緑五星の扇をさしていました。
っても開かないからお客さまにはほとんどわからなかったかと思いますが。

終わって6時まで営業の楽屋食堂に急いで向かっていると、あれ?今日は非番のはずの研究生仲間が。
実は今日の装束を一部お家からお借りしていて、その受け渡しのために来ていただいたのだそうで。
「駅まで手伝って」
と言われたので、それはもうお借りした流儀の一員として二つ返事で「はい」。
急いでカレーをかっ込んで行くと、カバンが1つだけ。
それもそんなに重くない。
僕が持つと言ったのですが、それは固辞されて、
「一人で大きな荷物持ってると滅入るから気を紛らわせるために話相手になって」とのこと。
まー、わかったような、わかんないような。。。
駅まで行って、方向がいっしょなのでタクシーでちとお供して帰りました。

で、帰宅して例によって大河見て、尚五郎さんとお父さんに感情移入してひと泣きしましたとさ。
スポンサーサイト

カテゴリ: 舞台

テーマ: 能楽 - ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« 法律事務所へ  |  てんこ盛り »

コメント

NoTitle

ようするに、前髪ぴしって感じでしょうか?

チョコ #- | URL
2008/02/18 21:41 * edit *

NoTitle

まー、そこまででもピッチリでもないんですけどね(笑)
少し伸びるまで前髪を上げることにしました。

五星 #lVShtGQM | URL
2008/02/18 21:48 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/606-555ffa77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。