05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

2日遅い… 

稽古は今日から「放下僧」
謡が多い。。。
淡々と何事もないかのように謡い進めながら、かつ意味を考えてポイントを置くべきところは変化をつける、言葉で言うとなあんてことなさそうですが実際にはとっても難しいことです。


そのまま上野の東京国立博物館へ。
お目当てはこれ
前に師匠からお話を伺っていたのですが、シテがあると思うとなかなか足取りが重くって。。。
今回展示されたものは博物館所蔵の物ですが、金春座から購入したものがたくさんあるそうです。
師匠が「生気がなくて、なんだかかわいそう」とおっしゃってましたが、やはり使ってこその能面。
〝金春座伝来の面装束を金春宗家が着けて舞う会〟
とか企画してくれないかなぁ。
博物館は敷地が広いからいっくらでも興行打てそうな気がするんだけど、誰か知ってる人でもいれば…なーんて思っていたら、別の展示室の担当研究員さんの名前に見覚えが。
あ、流儀の某先生のお弟子さんだ!
なんとかならないものでしょうか、ほんっっとに。

ちなみに今回展示されていたもののなかでは河内の小面にずーっと見とれてました。
すごくかわいらしい~。
能面は見る角度によって表情が変化するというのはよく言われることですが、この面を実際にご覧になれば絶対納得できると思います。
ちなみに下から見ると浅田真央に似てます(その部分を指してカワイイと言っているのではありません、あしからず)。

能面特別展と2階フロアをまわっただけでお腹一杯だったのですが、ざーっと1階も歩いていると、
〝国宝 刀 三条宗近〟
なんてのがありました。
もうちょっと前に来るべきだったなあ。。。
スポンサーサイト

カテゴリ: 稽古

テーマ: 能楽 - ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« 今日の続き  |  定例能7度目のシテを終えて »

コメント

NoTitle

先週の土曜日に展示見てきました。
確かに、あの小面は浅田真央かも(笑)
人がいないのをいいことに、ガラスにへばりついて
いろんな角度から見てみました。
個人的には、友閑の方が好みかなー。

本当に、舞台で使われてこそ、というのはしみじみと感じました。
ぜひ、〝金春座伝来の~〟、実現させてくださいね!

白やぎ #- | URL
2008/02/27 12:40 * edit *

NoTitle

やはり既にお出かけでしたか。
ショーケースにへばりついている姿が目に浮かびます(笑)

この企画、なんとかできたらいいんですけどね~。

五星 #lVShtGQM | URL
2008/02/27 21:42 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/611-97c124a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター