06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

アルバイト@国立能楽堂 

国立

国立能楽堂主催公演、ろうそく能の火付け係のアルバイトに行ってきました。
本来研修生がやるらしいのですが、8期生はこの4月に入ったばかりで勝手がわからないということで今回は見送り。
研究生のなかで誰かいないか…と企画制作課の職員さんが養成係にいらしたときにちょうど僕が稽古で現われお声がかりとなりました。
真面目に稽古に通っていると思わぬごほうびがあるものです♪

今回の曲目は、和泉流の「伯母ヶ酒」、喜多流の「通盛」でした。
(ちなみに金春流でも去年「西行桜」を蝋燭能でやらせていただきました)

さてお仕事の内容は…。
申し合わせのときにひととおりやった上で、紋付袴姿で開演20分前に3扉から蝋燭に火を点して入場。
4人が2組に分かれて正面側と橋掛り側から1本ずつ火を移していきます。
燭台は白州に立っているので、その手前で雪踏を脱いで歩いていくのですが、玉砂利が足裏を刺激して結構痛かったりします(普段絶対そんなことしないのでもちろん初体験)。
こつこつやっていると携帯を構えたお客さまに撮られたい放題。
僕は小鼓方の女性と組んでいたのですが、この状況をアップで撮られるとキャンドルサービスをやっているような画になりそう。。。

蝋燭を点し終えるとあとはそれぞれ座席へ。
地震やらで万が一燭台が倒れたら火を消さないといけないので、上演中も居っ放し。
つまりなにも起こらなければ最前列で見られるというわけです。
一応プロになってしまうと見所で見るとしたら脇正後方のGB席、あるいは後ろの方で立見なのでこんな状態で見られることは滅多にありません。

休憩時に蝋燭を点検し、芯が長くなったものは芯切り用のはさみで切っていきます。
短くなったものがあったら蝋燭を交換するようにとも言われていたのですが、これはせずに済みました。

そして「通盛」。
ちょうど通っている謡抄の講義で扱っている曲です。
僕自身そう接する機会が多い曲ではないのですが、通盛と小宰相局が「灯火暗うして…語り慰むところ」などは蝋燭能の雰囲気と相俟ってあぁいいなあ…と思いながら拝見しました。

ちなみに今回の演出ではツレも中入し、後は白練を壷折に着て浅黄色の大口という出で立ちでした。
死者を意味するのか、白無垢を着てあの世で再び結ばれたのでしょうか(これは考えすぎ?)。
後見座に居るパターンしか知りませんでしたのでちょっとびっくりしました。
スポンサーサイト

カテゴリ: 舞台

テーマ: 能楽 - ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« 徒歩の旅④  |  遭遇 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/645-bba1175e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター