05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

妖艶胡蝶さん 

週末の舞台の申し合わせ。
2番立ての最初は「野宮」(ののみや)。
三番目物の大曲ですが、申し合わせなのになんと90分。
これは当日2時間コースですな。
足、大丈夫かしら。。。

次は「土蜘」
ツレ胡蝶役をいただいています。
しかしこの胡蝶という人、原因不明の病に気を落とす頼光のために薬を持ってきたり、励ましたり至れり尽くせりなのに、どうも怪しい人だとか更に言えば土蜘の手下みたいに扱われるのはなんででしょう?
最初の次第の謡が
 うきたる雲の行方をば 風の心に尋ねん
と、憂きたる蜘蛛と読むことができるからか、胡蝶という名が蜘蛛の巣にかかった囚われの蝶をイメージさせるからなのでしょうか???

ちなみに初同(地謡が最初に謡う謡。ただし地取は除く)の詞章は、
 色を尽くして夜昼の 境も知らぬ有様の 時の移るをも覚えぬほどの心かな
と、あります。
〝色〟を古語辞典で引くと、豊かな心、種類、情事などとあります。
謡本の脚注には〝色を尽くして〟は〝(療治を)色々に尽くして〟となっていますが、色=情事で読むと…、ちょっと。。。
確かに昼夜問わず…だったらそりゃ精気もなくなってくるでしょうねぇ(笑)

そんなことを考えてると、この役はどうやってやったらいいものかわけがわかんなくなってきます。
でも
 いやぁいやぁ、それはくるしからぁずぅ~
なんて悩ましげに謡えるわけないですからね。。。
ま、端役といってそう問題のない役があんまり主張すると全体のバランスが崩れますから、普通にツレの位でツレらしくサッパリやって、あとはご覧になる方にお任せできるようにと思っています。
スポンサーサイト

[edit]

« 野宮・土蜘  |  三十路突入 »

コメント

NoTitle

『野宮』と『土蜘』ですかぁ~;;
でっかいの続きですね、ファイトです!!
妖艶胡蝶とタイトルに書いてあるのを見て、普通に『胡蝶』をなさるんだとばっかり思って、セクシー胡蝶!?とビックリしてしまいました。笑

巴 #- | URL
2008/07/18 16:00 * edit *

NoTitle

混同を防ぐためか流儀によってはこの役は〝小蝶〟と表記するそうです。

「胡蝶」の後シテが大口じゃなくてミニスカートで出てきたら…、セクシー以前に脛毛丸出しでげんなりですな。。。

五星 #lVShtGQM | URL
2008/07/18 22:28 * edit *

胡蝶の雰囲気

SQUARE公演、見応えありました。
得体の知れない胡蝶役、声と所作に妖し気な
雰囲気が出てました。
その声が、タマラナイ!と言うオバサンが
おります。

能楽兎者 #1PzRdcgs | URL
2008/07/23 08:06 * edit *

NoTitle

ご来場有り難うございました。
自分自身はなかなかうまくいかないなと思うところもありましたが、そう仰っていただだけると励みになります!
これからも宜しくお願い致します。

五星 #lVShtGQM | URL
2008/07/25 20:26 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/655-05d63bf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター