07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

今年は「唐船」 

毎夏恒例の東西合同研究発表会が国立でありました。
東京・名古屋・京都・大阪の若手が一同に集まる大きな会です。

昨日が申し合わせだったのですが、大雨で新幹線が止まり番組順が入れ替わっててんやわんや。
遠くからお越しの皆さんは大変だ…なんて思っていたら、今朝は小田急線が人身事故。
15分ほどで復旧の見通しです、などとアナウンスがかかっていたのに「警察の現場検証が入りました」などと伸びること結局1時間。
人身事故と聞いたらひょっとしたらすぐ動くかも、などと思わずにすぐ代替交通手段を考えるべきだとのいい教訓になりました。。。

金春流は舞囃子「唐船」
地謡の部分は少ないほうの曲です。
が、昨日の申し合わせの際、声が小さいとご指摘を受け、この会初の後列ということもあり思い切って謡ったところ、キリの途中でだんだん声がガラガラに。
この夏は去年の教訓を踏まえ、稽古を控えめにしたのが裏目に出てしまったのでしょうか。。。

この会に最初に出勤させていただいたのは確か7年ほど前。
初めは先輩の方ばかりでしたが、気がつけば僕も決して若いほうではなくなってきたみたいです。
なにせ今日の最年少は小学5年生でしたし。
こういった普段余り拝見する機会のない同年代の方の舞台を見るのは非常にいい刺激になります。
シテを舞ったり、地頭を勤める機会というのはなかなかありませんが、そのときのためにしっかり稽古をしておこうと改めて感じさせられた一日でした。
スポンサーサイト

カテゴリ: 舞台

テーマ: 能楽 - ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« 東京都なんですが…  |  引越し完了 ネット開通 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/662-d148ebe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター