06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

感謝の気持ち 

昨日国立に稽古へ行き、帰ろうとしていると、某囃子方の先生。
昨日は有り難うございましたとご挨拶すると、
「○○!ちょっと来い!!」
(字の大きさは声の大きさだと思って下さい)
普段苗字君付けで呼ばれていたのが、下の名前で呼び捨て。
それもわざわざ場所を変えるなんて、これは絶対昨日の舞台のご注意、それもかなりの大目玉だ…と背中に冷や汗をたらしながら行くと、

「お前よかったぞ!」

ほへ…?
たぶんその一瞬すごくぽかーんとした顔をしていたと思います。
なんだか偉く褒められて逆にうろたえてしまいました。
でも「もっと声を出していい」とご注意も。
自分では針を振り切るくらいに出したつもりだったのですが、まだまだでした。


他にも何名かの先生に声を掛けていただいて、本当に幸せだと思います。
僕のようにぽっと出の者が多くの方々に注目してみていただけるのは本当にありがたいこと。
それは家元や師匠をはじめ流儀の皆さんの温かいご指導や、様々な先生友人のご教授や支えがあるからに他なりません。
ときに自分に負けて気持ちがやさぐれてしまいそうなときもありますが、今の自分があるのは周りの皆さんのおかげと、常に感謝の気持ちを持つことの大事さを再認識しました。
スポンサーサイト

カテゴリ: 考えごと(能楽)

テーマ: 能楽 - ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« 採点表2つ  |  高砂を舞い終えて »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/718-5483467a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター