09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

逆髪という人 

今日は師匠や先輩方の会。
なんだか楽屋は慌しく、開演3時間前に楽屋に入っていたのにまたも昼ご飯を食いっぱぐれてしまいました。。。

初番は「蝉丸」
2年ほど前にツレの蝉丸を勤めさせていただきましたが、とにかく謡が大変でものすごく苦労した記憶がよみがえります。
今回は1時間45分と長め。
僕がツレを勤めたとき(シテは師匠)は1時間30分くらいだったはずなので、矢来能楽堂と、国立能楽堂の橋掛りの長さを差っぴいてもだいぶシッカリしていたことになります。
シテの逆髪というのは、地謡座からも思っていましたが、非常に不思議で難しい存在です。
この人物をどう捉えるかでだいぶ曲の雰囲気が変わりそうです。
難しそうではありますがいずれ勤めてみたい役です。

もう一番は「舟弁慶」
これは前後に小書付き。
子方は以前「橋弁慶」の子方を勤めた男の子ですが、とっても上手い!
春にあった発表会でも仕舞を舞っていましたが、なにより仕舞を舞うまでの所作、待っている間姿がキレイだったのが鮮明に印象に残っていました。
さすがに地謡座から見るわけにはいきませんでしたが、今日も見事に勤めていた様子。
長く続けてくれるといいですね。
スポンサーサイト

カテゴリ: 舞台

テーマ: 能楽 - ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« 朝ZERO本番  |  9度3分 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/733-e5b2b3a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。