04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

鎌倉薪能と五重の塔 

昨日は鎌倉薪能でした。
僕は「八島」のツレのお役をいただきました。
この曲は初役なのですが、とにかく座っている時間が長い。
上懸りはシテと一緒に中入してお終いなのですが、金春流の場合ずーっと同じ場所に居っ放しで、後場も少しだけセリフがあります。
直面だしじゃあこの人は一体なんなの?という謎はありますが、例えば「敦盛」にしたって、明らかに平敦盛の幽霊だけども前シテは直面なのだし、本文中に出てくる佐藤継信の幽霊というあたりなのでしょうか???
ともあれ、面を掛けずにじーっと座っているというのはキツイことで、ワキ方は本当に大変なんだなと身にしみました。
(ちなみに出る前、主ワキの先生から「大変だよなぁ」とお声をかけていただきました・笑)

そして昨日は寒かったこと寒かったこと。
第一声目で息が白くなったときにはさすがに驚きました。。。
座っていると更にしんしんと冷えてくるし…。
でもお客さまはもっと大変だったことでしょう。
最後までご覧いただいた皆様、本当に有り難うございました。



さて今日は午前中は近所の公民館で出稽古も兼ねひたすら稽古。
夕方前に嫁さんとお散歩。
嫁さんが幼少時代を過ごした所が今住んでいる所から程近いので、昔の記憶だけを頼りに歩いてみよう!という企画でした。
案の定(?)迷って、途中お姉さんに電話しつつ、住まいや通った幼稚園、小学校を1時間半ほどかけて散策してきました。
その途中立派な五重の塔が。
こうりんじ
この近くで月2回稽古しているのですが全く気がつきませんでした。
やっぱり知らない土地をぶらぶら歩くのは楽しい!!
スポンサーサイト

カテゴリ: 舞台

テーマ: 能楽 - ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« あいもかわらず  |  取材 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/750-e15cb658
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター