10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

「乱」終わりました 

「乱」が終わりました。
お越しいただきました皆様、ありがとうございました。

僕は幕の前に立つまであまり緊張しないほうですが、今日はいつも以上に落ち着いていられました。
装束を着けていただいて鏡の前に座っていると、なんだか嬉しくて顔がしまりません。
面をつけてもあまり変化がなくておかしかったくらい。
でも、皆さんから「よろしく!」「がんばれ!」なんて声を掛けていただくと、だんだん嬉しい気持ちが昂ぶって面の中で涙があふれてしまいました。
きれいごとではなく、今こうして披きを迎えられるのはまわりの皆様のおかげなのだとひしひしと感じられました。

鏡の前に座っていながら、泣いているはずの自分の表情も面で見えず、またその面は笑みをたたえているというのはとっても変な感じ。
猩々の面の笑みにはいったいどこまでが含まれているのでしょうか?

舞台は自分としては今持てる力は全て出し尽くせたと思います。
稽古はやれるだけやってきて、もっとしておけばという悔いはありません。
ただしそれは自分の芸がそれで充分であるということでは全くありません。
終わって楽屋に戻ってすぐ厳しいご指摘もいただきましたし、自分で映像で見てみるとこうしたほうがいいなという箇所は幾つも出てきました。
よくやったと自分に少しだけゆとりを与えてあげるのは、ほんの、ほんの一瞬。
ひとつの舞台が終われば、すぐもう次の戦いは始まります。



披きというのは懸命に稽古して、それを舞台でぶつけることができれば知らず知らずのうちにひとつ上のステージにあがれるものなのかなとぼんやりと思っていましたが、それは違いました。
終わると今まで見えなかった課題が見えてくる、というだけ。
上に行けるかどうかはこれからの頑張り次第ということのようです。

とにもかくにも、
ありがとうございました!!
スポンサーサイト

カテゴリ: 舞台

テーマ: 能楽 - ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« ワークショップ無事(?)終了  |  いよいよ明日! »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/758-91daa91f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。