08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

すったもんだで 

ようやっと子供の名前が決まりました。
どうもこういうセンスは乏しいようで、なかなかビシッとこれだ!ってものが出てきません。
でも最終的にはいい名がついたかなと思っています(ほとんど家内の発案ですが…)。
公に名前が出るのは子方を勤めさせていただくようになるときでしょうか。
僕は6歳で初めて勤めさせていただきましたが、この子は幾つになるかなぁ?


男の子だと「跡継ぎができましたね」なんてことになるのかもしれませんが、正直なところ絶対に能楽師にする!とは思っていません。
もちろん一通りの稽古もしますし、子方として舞台に立たせようとも思っています。
けれど最終的にやるかやらないかは本人の意思です。

僕自身2代続いた鉄鋼会社の3代目でありながらこの道に入りました。
父は会社を継げとは一度も言わず(むしろ継ぐなと言われたことはありました)、自分の好きなことをやれと言ってくれました。
僕はその言葉を真に受けてこの仕事に就いたのですが、やはり父には淋しい気持ちもあったようです。
そう思うと能楽の世界で結果を出さなければ、父にも祖父にも顔向けができない。
純粋ではないですが、そういった部分が僕のモチベーションになっている部分が確かにあります。

息子がもし能を職にしたいと言い出したら恐らく強く反対するでしょう。
例えばもし仮に自分のお弟子さんがいきなり玄人になりたい、なんて場合よりも強く。
自分が命を懸けてやってきたものを、生半可な気持ちではやってほしくはありません。
それでもやるというのであれば………、ってまだそこまで考えるのは早すぎますね(笑)!!


つまるところ、僕にできることは「父の背中」ってヤツを見せるべく、より一層精進することだけのようです。
スポンサーサイト

カテゴリ: 考えごと(能楽)

テーマ: 能楽 - ジャンル: 学問・文化・芸術

[edit]

« 謹賀新年 2010年出演予定  |  子供が生まれました »

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2009/12/30 00:58 * edit *

そうですね、ちゃんと愛情を持って育てていけば道は開ける。
そうすれば自ずとなるようになるんですね、きっと!

今日病院に行ったときに言っておきましたよー。
結構夜泣きするらしく少し疲れも見えましたが、今日あたりちゃんと送ったと思います。
遅くなっちゃってすみませんです。。。

五星 #lVShtGQM | URL
2009/12/30 23:49 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/767-94b7ba63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター