06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

能についてやたらに喋った1日 

前日は定例能。
能の地謡一番と、仕舞を舞いました。
仕舞は…やり過ぎました。。。


翌日日曜は、午前中お弟子さんお二人稽古。
午後はシテ方他流の方が息子に会いにきてくれました。
たっぷり遊んでもらって、僕も出かける用があったので一緒に出発。
道々能楽界の今後についてずーっと話していました。

夕方新宿で待ち合わせ。
お相手はヴァレリー・デュ・シェネさん
フランス人の造形美術作家さんです。
インタビューをもとにそのイメージで絵を描かれたり、立体作品をつくられる方だそうですが、大学のクラスメートからの紹介を受けて僕に取材の依頼がきたのです。

あるひとつの特定の場所について語るということだったので、はじめ能楽堂について喋っていたのですが、それが能舞台になり、最終的には鏡の間になっていました。
喋っていくうちに一番印象が強い、思い入れの強い場所がそこになっていました。
もちろんその先に舞台があるから、ということがあってですが、自分の深層心理がわかったようでとてもおもしろい体験でした。
いずれ本になるそうですが、どんな表現をしていただくのかとても楽しみ!
出版の暁にはご紹介させていただきます。

それからもう一仕事(というものでもないけど)あって、なんとなしにワキ方と狂言方とで食事に行くことに。
一杯呑んで1時間くらい…の予定が、能の話でアツくなってしまい気がつけば終電アウト。
もうしばらくそこで語りあい、寒くなってきたので(さすがにこの時期の深夜一時に外は寒い)、カラオケボックスに移り歌も歌わず続きを。


結局帰宅は5時。
半日以上能のことばかり喋っていた1日でした。
スポンサーサイト

[edit]

« 窓がはずれラーメンが消えた日  |  健康に問題あり? »

コメント

修羅

仕舞「清経」キリ、きりっとしてよかったですよ。〈やり過ぎた〉の意味は、気合いを入れ過ぎたということ? 僅か数分の舞、修羅のキリはあれぐらいでないと。宗家と八郎師が地で、あれほど強く謡ってくれたのだから。

能楽兎者 #1PzRdcgs | URL
2010/05/19 07:54 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2010/05/20 04:05 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/792-7455cbb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター