08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

ゼミOB会 

先日、卒業以来10年ぶりに大学のゼミOB会に行ってきました。

出身学部は法学部。
なんでまた畑違いもいいところに…と言われそうですが、大学入学の段階で能楽師の道に、少なくとも卒業後すぐに進むとは全く考えておらず、まぁ一番ツブシが利きそうかなというくらいの非っ常~にアバウトな考えで進学してしまいました。

1年の前期こそ比較的成績もよかったものの、秋から塾講師のアルバイトを始め、それに夢中になるに従って成績も平々凡々に。
大学主催の司法試験対策講座なんてのもとりましたが、民法の途中で敢え無く挫折。
法律の勉強はいい加減なものでした。

そうこうしているうちにはや3年生になり、ゼミの履修に。
せっかく法学部に入ったんだから少しは法律の勉強をしないと!と。
もともと刑事系のほうが好きだったのと(刑法の試験前にいいノートがあると言われもらったコピーが僕のノートだったことがありました。大学時代唯一の自慢です)、非常に厳しい先生ということで敢えてチャレンジしてみました。

ゼミ試験は、他が60分以内で終わるところ、ただひとつ90分。
問題は
「三権分立について論ぜよ」
これだけ。
発表掲示で無事僕の名前もありましたが(全員合格だけど…)、なぜか僕の名前だけ一行離れて書いてありました。
あとで伺うと「最後の奴はおまけ合格だ」とのこと。。。

先生は大学でもその名を轟かせた名物教授。
ここでひとつひとつ書いているととんでもない量になってしまうので、渥美東洋と検索していただければ逸話の一つもヒットするかもしれません(笑)
一言で言いますと尋常でない天才です。

OB会の乾杯前に先生のお話があるのですが(学生時代からこの習慣は変わっていないようで)、久々に伺うと演題があり、まわりに椅子もあり、挨拶のレベルをはるかに超えて完全に講義です。
結局90分!
一コマ分の授業でした。
(その後の食事会は僅か15分)

しかし間もなく喜寿を迎えられるというのに、先生は本当にパワフルで10年前と全くお変わりありませんでした(もっと上の先輩によると35年前からそのままとのこと。恐るべし)。
久々にお話を伺って学生時代の感覚がパーッとよみがえってきました。
難しすぎて3割くらいしか理解できなかったけど、その3割がとても面白く、何よりも学問に掛ける熱意が尋常ではなかった。
それは今も衰えを見せず、むしろ更に勢いを増しているようでした。

帰りがけ少しだけお話させていただきました。
OBの9割以上が法曹、教授、企業法務というなか、僕は異色中の異色。
不出来な僕を覚えていてくださったかは分かりませんが、
「能はユングの理論と似ているよな!」
と言われ、訳もわからないまま「はい!」と答えてしまいました。。。
「でも僕は能観ると眠くなっちゃうんだよな~」
と照れながら仰り、先生も人間なんだ、となんだか妙にホッとしてしまいました。
スポンサーサイト

[edit]

« 二人静  |  人間万事… »

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# | 
2010/11/24 01:55 * edit *

いつも楽しく拝見しています。大変暖かなとさせるエピソードでした。能とユングってどう結びつくやら分かりませんが興味深い(?)です。

takayama #- | URL
2010/11/24 22:35 * edit *

シークレットコメントさま
この前は外出しておりまして失礼しました。
大学の授業での情熱というのは、そのときは分からなくても、自分の好きな道に進んでいると、今になってすごく分かる気がします。
ユング…僕も読んでみようかな。。。


takayamaさま
いつも有り難うございます。
能とユング、講座かなにかでチラッとそういう話を盛り込めたらインテリっぽく見えていいかもしれませんね(笑)

五星 #lVShtGQM | URL
2010/11/25 15:14 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/844-1a6a4a38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター