10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

連戦終了 


一昨日のお月見コンサート、今日の「舎利」のツレと、とにもかくにも今年装束を着る機会は全て終わりました。

まず、お月見の方ですが、とても雰囲気のいいなかさせていただきました。
正直なところ、僕の力云々ではなく、共演の皆さんと場の力で、僕はそこに乗っけていただいたという感じでしょうか。
いつもは序ノ舞はいつもは囃子を聞きながら舞うわけですが、今回のように二胡の即興演奏となるとリズムを刻むわけではなく、いわばアシライのようになります。
もちろん二胡の音色やお客さまの反応を見ながらになりますが、自分で位を決めないといけなくなります。
かかった時間からすると、サラリめだったようです。こうした経験をすると、普段いかに囃子に依存して舞っているかがわかります。
もちろん自分勝手に位を作ればいいというわけではありませんが、自分の中に例えば「羽衣」の序ノ舞というのはこのくらい、というのが舞っていて感覚的にもっとはっきりと基準を持てるようにならないといけないなと痛感しました。

しかしなにはともあれ、得難い経験でした。
こうしたある種“実力テスト”的なことは、古典の中で培ってきた自分の力を客観的に見る機会になりますし、また新たな能楽の可能性を広げ、ファンを獲得するきっかけにもなると思います。
責任は重大ですが、折に触れてまたこうしたことにも取り組んでいきたいと思います。


そして先程は「舎利」。
初めての役でしたが、師匠の胸をとにかく暴れてきましたが、今日は常座付近が異様に滑って、舞台に入ってすっころぶかと思いました。
とにかく無事に幕に帰れてホッとしています。


さて今、国立からその足で和歌山に向かっています。
詳しくはまた後日。
スポンサーサイト

[edit]

« 大変ご無沙汰しております  |  二胡とのコラボレーション お月見コンサート »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kakedashino.blog11.fc2.com/tb.php/927-33bd7979
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。