03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

ふらっとエコルマ、オープンハウス 遊べる、学べる“能図鑑” 

H30オープンハウス表面H30オープンハウス裏面組舞台

来年2018年2月11日(日)、10時~17時まで、狛江エコルマホールにて、ふらっとエコルマ、オープンハウス「遊べる、学べる“能図鑑”」が開催されます。

能を良くご覧になる方にも、また能は全く初めてという方にも楽しんでいただけるよう企画しました。
朝から夕方まで、ホールの施設をすべて使って、それもワンコイン(中学生以下は無料!)、内容も能楽界としてはたぶん前代未聞のイベントだと自負しています!

728席あるホールに本格的な能舞台を組み、実際に舞台に上がって、能楽師の指導の下、舞台上の目線を体験できます(要白足袋または白靴下)。
その他ホールでは、この当日に向けてゼロから5回のお稽古をされた方が、謡、笛、小鼓の発表をしたり、アマチュアの皆さんのミニ発表会もあります。
フィナーレには能装束の着付け実演、曲目解説のあと、金春流宗家憲和師に素謡「翁」をお願いし、私が半能「是界」のシテをさせていただきます。

ホールと同じフロアにあるリハーサル室では楽器体験として、狛江能楽普及会で一緒に活動をしている栗林さんと鳥山さんが笛と小鼓の体験指導をします。

ホールから2階上、いつも講座をしている展示・多目的室では、狛江在住の面打師辻高毅氏の能面の展示のほか、能×文学、能×美術、能×身体と3つのテーマで講演、ワークショップを行います。
能は観たこと、やったことはないけど文学、美術、身体の使い方には興味がある、という方にオススメです。
○文学
夏目漱石など実際に能の稽古をし、作品にも反映されている近代文学を能楽師の実演を交えながら、普段普及会でも講師をお願いしている能楽研究家後藤和也氏にお話しいただきます。
○美術
能の楽器の美を中心に能楽師が説明をします。
普段、楽器の説明となるとどうしても音色や舞台上での使い方ばかりになってしまいますが、鼓の胴に描かれる蒔絵など、それだけで十分美術工芸品としての価値を持っています。
また「道具」としての特別な絵柄があったり、また能面についても普段の能楽講座ではなかなか聞けない部分にスポットを当てます。
○身体
もともと武士に愛された芸能ということで、その所作がいかに理にかなったものか、柔剣雷心館代表永野勝氏に体験もしていただきながらご指導いただきます(動きやすい服装でご参加ください)。
能の所作をちゃんとマスターすることで、人を倒すことができるという不思議な体験ができます。
柔剣雷心館さんについてはこちらをご覧ください。

そして入ってすぐ、ホール前のロビーでは能楽師が説明をしながら、能面や能装束、裃の体験ができるほか、長刀を構えた写真を撮れたりします。
お子さまもOK!家族連れでもみんなで撮れます。
更にミニ舞台では能楽囃子や能装束の部分着付け体験など当日発表のミニ企画もあります。

チラシ表面の左下の絵に釘付けになられた方も多いと思いますが、こちらは漫画「能面女子の花子さん」(著者織田涼さん)のキャラクター花子さんです。
女子は能面を着けて生活しなければならないという掟の家庭に育った女子高生花子さんを取り巻くコメディー漫画です。
講談社さんの全面協力をいただき、複製原画展示やパネル等の展示をご検討いただいています。
また、リアル花子さんがサプライズで登場予定!
一緒に写真も撮れちゃいます!

そのほか館内の至る所に演能写真や能楽トリビアパネルの展示、全部回るとグッズがもらえるスタンプラリーもあります。
更にスタンプラリーを終えた方には最後に豪華景品が当たる大抽選会も行います。
入場料500円で、景品が数万円…なんていうこともあるかもしれません。

切符のご購入方法はこちらをご覧ください。
今回を逃すと、たぶん2度とできない企画です。
寒い時期ではありますが、いらっしゃって絶対損はさせませんので、ぜひぜひお誘いあわせの上ご来場ください!!

[edit]

第三回 金春流能楽師中村昌弘の会 

第三回チラシ表第三回チラシ裏
来年、平成30年3月3日13時30分より、第三回金春流能楽師中村昌弘の会を開催させていただきます。
(図らずも3が並びました)

今回から会場を国立能楽堂に移し、大曲「望月」を長男と共に挑戦させていただきます。
共演者には重鎮、若手の実力者を揃え、万全の布陣で臨みます。

前回よりスタートしました、他流儀同年代の方との立合仕舞には、喜多流大島輝久師をお招きし、杖物二番と題して「弱法師」「藤戸」の二番をお送りします。
地謡も立合色を強めるため一人地謡とさせていただいており、喜多流は長島茂師、金春流は私の師匠である髙橋忍先生にお願いしました。
流儀の仕舞は「望月」にちなみ仇討ちものとして、宗家憲和師、前宗家安明師親子による「小袖曽我」、櫻間金記師による「富士太鼓」をお届けします。
狂言は同年代の山本則重・則秀兄弟による「鎌腹」をお楽しみいただきます。

また上演に先立ち、金子直樹氏による解説もあり、初めての方をお誘いいただきやすい公演を心がけました。
当日はチラシの原画展示と、ポストカード及び「望月」にちなんだ和菓子を当日限定販売する予定です。
また大島師との対談を掲載したパンフレットも配布致します。

30代最後の私の会となります。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

[edit]

エコルマ誰でも能楽ワークショップ 

エコルマ能楽
来年2月11日に、狛江駅前のエコルマホールを全館、丸一日使って「エコルマオープンハウス」を開催します。
700人収容の大ホールには本格的な能舞台を組み立て、ロビー、展示多目的室、リハーサル室で公演・講座・展示を行います。
入館料はなんと500円。
とある漫画とのコラボレーションも予定しています。

せっかく舞台を組むので、一人でも多くの方に舞台に上がっていただきたいと、12月から5回ほどお稽古をし、当日舞台で発表しよう!という企画を組みました。
これに先立ち11月13日の14時と19時半からワークショップを行います。
謡・舞・笛・小鼓の体験ができます。
2月の参加に関わらず、とりあえずやってみたいという方大歓迎です。

是非お誘いあわせの上ご参加ください!!

[edit]

9月10日 金春会定期能「井筒」 

9月10日(日)12時30分より、千駄ヶ谷の国立能楽堂にて金春会定期能が開催されます。
その2番目に「井筒」をさせていただきます。

「伊勢物語」を題材とした、世阿弥作の能を代表する名作です。
上演時間が2時間近くとなる大曲で、私自身も大きな挑戦となります。

番組は、
「春日竜神」櫻間金記
狂言「呂蓮」野村万作
「井筒」中村昌弘
「阿漕」金春康之
となり、「井筒」は14時頃の開演予定です(途中入退場可)。

切符は、自由席で一般5000円、25歳以下優待席(脇正面)は2500円となります。
ご希望いただけます場合は、左のプロフィール欄の〔こちら〕というところをクリックいただくとフォームが開きますので、そちらよりお申込みください。

ご参考までに、ガイドと注釈付きの詞章を作成しましたので宜しければ下記ご覧ください。
ワードで作成しておりますので、ご希望の方はメールにてお送りします。

ご来場をお待ちしております!!

井筒1井筒2
井筒詞章1井筒詞章2井筒詞章3井筒詞章4

[edit]

お盆に想うこと 

8月も半ばを過ぎました。

東京の7月上旬は、この先どうなるのだろう…というくらいの猛暑でしたが、8月に入ってからは拍子抜けするくらいの涼しさです。


今年は狛江青年会議所の理事長を務めてさせていただき、年初からずーーっと慌ただしい日々がつづきました。

お盆に入って少し仕事は落ち着いた感がありますが、9月10には大曲「井筒」のシテがあり、それ以外にも舞台がたくさんあるのでその準備、そして今年度から次年度にかけての青年会議所運動、またそれに伴う市内の様々なイベントもあり、今年は休んでいるヒマがありません。


来年2月11日には狛江エコルマホールを一館丸ごと使ったオープンハウスというイベントがあり、それに向けても本格的な準備が始まります。

詳細が決まり次第、こちらや狛江能楽普及会のサイトなどでお知らせしていきます。


                   *  *  *


今年は本当に悲しいお別れが多い年です。

私と同年代の方も亡くなられました。

お世話になった先生、そして後援会を作ってくださった後援会長も旅立たれました。


後援会は最初自分のことではないようでなんだか不思議な感じでしたが、おととしから始まった自分の会も、この後援会がなければとても踏み切ることはできませんでした。

後援会長は今住んでいる地域の皆さんにお声がけをして、市長をはじめ多くの方へのあいさつ回りに連れて行って下さり、この組織を作ってくださいました。

昨年あたりから入退院を繰り返して、今年の2月に後援会の新年会でお会いしてからはお見舞いも叶わない状態でした。

奥様のお話しでは、ベッドの横にいつも私の舞台写真を掲載した後援会のカレンダー置いて眺めてくださっていたそうです。

出棺の際には第1回の会でさせていただいた「融」を手向けさせていただきました。


来年3月3日は3回目の私の会を行う予定です。

初の国立能楽堂での主催公演を喜んで本当に喜んで、心待ちにしてくださっていました。


先の話ですが2020年を目途に、狛江で薪能を復活させたいと考えています。

雲の上からどうぞ見守っていてくださいね。


[edit]

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

カレンダー

RSSフィード

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カウンター